中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商 画像 中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商

マネジメント

 東京商工会議所は、「マイナンバー実務対応 直前チェック講座」を開講すると発表。受講者の募集を開始した。

 同講座はすでにマイナンバー制度への対応を開始している中堅・中小企業を対象としたもの。マイナンバーは2016年1月からのスタートを予定しており、それに向けて10月からマイナンバーの通知が始まる。

 これまで実施してきた対応内容に不足や誤りがないかをチェックリストで確認。マイナンバー制度の開始を目前に、「マイナンバー制度と社内事務」「個人番号の『収集』についての確認」「個人番号の『保管・管理』についての確認」「『行政機関等への提出(番号の出力、廃棄)』についての確認」「2016年1月までのスケジュール」をテーマとした講義を行う。

 講師は牛島総合法律事務所のパートナー弁護士で、情報化推進国民会議の委員を務める影島広泰氏を招聘。定員は50名で、日時は10月13日13時30分~17時。会場は東京商工会議所内(東京都千代田区丸の内)だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

    日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

  4. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  5. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  6. 失敗に学べ! 経産省、中小企業の失敗事例集サイトを開設

  7. 中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!?

  8. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  9. 建築学会が中長期計画案…国際化対応など5ビジョン設定

  10. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

アクセスランキングをもっと見る

page top