中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商 画像 中堅中小のマイナンバー対応、10月に直前講座! 東商

マネジメント

 東京商工会議所は、「マイナンバー実務対応 直前チェック講座」を開講すると発表。受講者の募集を開始した。

 同講座はすでにマイナンバー制度への対応を開始している中堅・中小企業を対象としたもの。マイナンバーは2016年1月からのスタートを予定しており、それに向けて10月からマイナンバーの通知が始まる。

 これまで実施してきた対応内容に不足や誤りがないかをチェックリストで確認。マイナンバー制度の開始を目前に、「マイナンバー制度と社内事務」「個人番号の『収集』についての確認」「個人番号の『保管・管理』についての確認」「『行政機関等への提出(番号の出力、廃棄)』についての確認」「2016年1月までのスケジュール」をテーマとした講義を行う。

 講師は牛島総合法律事務所のパートナー弁護士で、情報化推進国民会議の委員を務める影島広泰氏を招聘。定員は50名で、日時は10月13日13時30分~17時。会場は東京商工会議所内(東京都千代田区丸の内)だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

    新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  2. 「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

    「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

  3. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

    三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

  4. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  5. KDDIの電力小売事業「auでんき」来春スタート

  6. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  7. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  8. 製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス

  9. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  10. 日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

アクセスランキングをもっと見る

page top