ブドウ搾りかす活用! 歯周病予防の菓子 画像 ブドウ搾りかす活用! 歯周病予防の菓子

インバウンド・地域活性

 北海道池田町の同町ブドウ・ブドウ酒研究所と北海道医療大学、日本製粉(東京都渋谷区)は、道産ブドウの搾りかすを使って、多くの世代を悩ませる歯周病予防効果のある菓子などを製造する取り組みを始める。今秋から同大学が搾りかすに歯周病菌を抑える効果があるかを検証し、今年度中に成果をまとめる。日本製粉はグミやガム、キャンディーへの商品化を進める計画だ。
 ワインを造る際のブドウの搾りかすは廃棄物として処理されたり、堆肥や飼料として利用されたりするのが一般的だ。同研究所によると例年、道内で生産される醸造用ブドウ約500トンから約75トンの搾りかすが発生し、廃棄物として処理するのに数百万円かかるという。

 研究チームは、搾りかすの皮に含まれる「オレアノール酸」が、虫歯菌を抑える効果があると学術的に証明されていることに着目。実際に同研究所の搾りかすで効果を確認し、日本製粉が2010年、搾りかすの粉末を製品化。虫歯を予防するグミやタブレットなどの商品が開発された。

 今回は、多くの世代が悩む歯周病で予防効果を実証し、商品化につなげる。同研究所は「虫歯にかかるのは多くが子ども。歯周病に効果があることが示せれば、搾りかすの需要は増える」と見込む。

ブドウ搾りかす活用 歯周病予防の菓子製造へ 北海道の研究所と大学、業者

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  7. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top