ブドウ搾りかす活用! 歯周病予防の菓子 画像 ブドウ搾りかす活用! 歯周病予防の菓子

インバウンド・地域活性

 北海道池田町の同町ブドウ・ブドウ酒研究所と北海道医療大学、日本製粉(東京都渋谷区)は、道産ブドウの搾りかすを使って、多くの世代を悩ませる歯周病予防効果のある菓子などを製造する取り組みを始める。今秋から同大学が搾りかすに歯周病菌を抑える効果があるかを検証し、今年度中に成果をまとめる。日本製粉はグミやガム、キャンディーへの商品化を進める計画だ。
 ワインを造る際のブドウの搾りかすは廃棄物として処理されたり、堆肥や飼料として利用されたりするのが一般的だ。同研究所によると例年、道内で生産される醸造用ブドウ約500トンから約75トンの搾りかすが発生し、廃棄物として処理するのに数百万円かかるという。

 研究チームは、搾りかすの皮に含まれる「オレアノール酸」が、虫歯菌を抑える効果があると学術的に証明されていることに着目。実際に同研究所の搾りかすで効果を確認し、日本製粉が2010年、搾りかすの粉末を製品化。虫歯を予防するグミやタブレットなどの商品が開発された。

 今回は、多くの世代が悩む歯周病で予防効果を実証し、商品化につなげる。同研究所は「虫歯にかかるのは多くが子ども。歯周病に効果があることが示せれば、搾りかすの需要は増える」と見込む。

ブドウ搾りかす活用 歯周病予防の菓子製造へ 北海道の研究所と大学、業者

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

    乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top