【回転窓】震災復興と大相撲 画像 【回転窓】震災復興と大相撲

インバウンド・地域活性

 仙台市で先月、大相撲の地方巡業が行われた。仙台場所は実に7年ぶり。東日本大震災後では初めてとあって、7000人が詰め掛ける満員御礼となった▼どれほど待ちわびたのか、会場には朝8時の開場前から長蛇の列が。中でも目立ったのは、高齢の相撲ファンの姿だ。取組が始まるまでにかなりの時間があったが、朝の稽古風景を見ることができ、相撲部屋のちゃんこ販売も。力士が気軽に写真撮影やサインに応じてくれ、彼らと間近に触れ合えるのも地方巡業ならではの楽しみだろう▼ちびっ子相撲では、人気力士に向かっていく地元の子どもたちに会場から声援が飛んだ。ユーモアたっぷりに禁じ手を紹介する初切しょっきりでは、大きな笑いと拍手が起こった。化粧まわしを着けた力士の相撲甚句に聞き入る場面も▼仙台場所は復興支援として開催された。震災直後から復旧・復興に尽力してきた宮城県建設業協会が特別協賛し、地域を元気付けようと協力を惜しまなかった▼あの日からさまざまな思いを抱え、生きてきたであろう一人一人の心からの笑顔に、人々を引き付ける大相撲の力と被災地の復興を感じた。

回転窓/震災復興と大相撲

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  5. 富裕層インバウンドの法則その2

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top