約半数がリピーターで7割は個人旅行…東京を訪れた外国人 画像 約半数がリピーターで7割は個人旅行…東京を訪れた外国人

インバウンド・地域活性

 東京都は7日、「平成26年度国別外国人旅行者行動特性調査」の結果を発表した。

 東京都を訪れた外国人観光客の満足度は、「大変満足」「満足」「やや満足」を合わせると96.1%にのぼった。なお、訪問先のトップ3は、「新宿・大久保」が55.4%、「銀座」が50%、「浅草」が49.2%となっている。。

 満足した場所は「銀座」の12.2%、「浅草」の10.7%、「新宿・大久保」の10.3%という順序となった。これらの街での行動内容は、「銀座」が「ショッピング(62.7%)」、「浅草」が「歴史的・伝統的な景観、寺・神社、日本庭園(66.2%)」、「新宿・大久保」が「ショッピング(44.1%)」となった。

 都内での1人平均の旅行中支出額(推計値)は、前年(平成25年度)の11万4519円に比べて17.9%増加し、13万5039円となった。最も支出額が高い国・地域は中国で、前年の19万1741円に比べて20.8%増の231,590円。特に中国の「土産買物費」の支出額は、前年の12万2684円から16万1234円へ31.4%も増加した。

 調査対象者は30代が最も多く、全体の29.5%。続く20代の28.8%とあわせて58.3%と、6割近くが20~30代の若い世代となっている。これまでの訪都回数は1回(初めて)が46.5%で、2回以上のリピーターは半数以上の53.2%を占めた。このうち4~9回は15%、10回以上は12.8%となっている。

 旅行形態は、パッケージツアーの16.6%、団体旅行(地域や職場、学校など)の11.3%を大きく超え、ツアーを利用せず個別で手配したいわゆる個人旅行が71.2%にものぼった。インバウンドビジネスの狙い目は、どうやら個人旅行のリピーターにあるようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 富裕層インバウンドの法則その4

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

アクセスランキングをもっと見る

page top