県域を越えた連携が必要…九州で意見交換 画像 県域を越えた連携が必要…九州で意見交換

インバウンド・地域活性

 北九州市、大分県、宮崎県の自動車関連3団体が県域を越えて連携する取り組みが3日始まった。同日は各自治体と自動車関連企業の幹部約25人が、トヨタ自動車、日産自動車両グループに部品を供給する松本工業豊前工場(福岡県豊前市)などを訪問、意見交換した。

 連携するのは大分県自動車関連企業会、宮崎県自動車産業振興会、北九州地域自動車部品ネットワーク(パーツネット北九州)。厳しい品質基準や海外メーカーの流入に対抗するには、県域を越えた連携が必要との3県の思惑が一致した。

 松本工業ではシート部品などを作業者が手際よく組み付ける工程を、参加者たちが興味深げに見守っていた。同社の松本茂樹社長は「大分、宮崎とは競争や助け合いを通じて、共同体となって地域の自動車産業を盛り上げたい」と話した。

 また大分県自動車関連企業会の岡本勝美会長は「県内連携だけでは限界がある。九州3県でタッグを組めば受注獲得の機会も増える」と意欲を見せた。

県外連携に活路を見いだす九州の自動車部品サプライヤー

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 「ものづくり人材」「観光人材」育成研修受講者募集!京都府

アクセスランキングをもっと見る

page top