県域を越えた連携が必要…九州で意見交換 画像 県域を越えた連携が必要…九州で意見交換

インバウンド・地域活性

 北九州市、大分県、宮崎県の自動車関連3団体が県域を越えて連携する取り組みが3日始まった。同日は各自治体と自動車関連企業の幹部約25人が、トヨタ自動車、日産自動車両グループに部品を供給する松本工業豊前工場(福岡県豊前市)などを訪問、意見交換した。

 連携するのは大分県自動車関連企業会、宮崎県自動車産業振興会、北九州地域自動車部品ネットワーク(パーツネット北九州)。厳しい品質基準や海外メーカーの流入に対抗するには、県域を越えた連携が必要との3県の思惑が一致した。

 松本工業ではシート部品などを作業者が手際よく組み付ける工程を、参加者たちが興味深げに見守っていた。同社の松本茂樹社長は「大分、宮崎とは競争や助け合いを通じて、共同体となって地域の自動車産業を盛り上げたい」と話した。

 また大分県自動車関連企業会の岡本勝美会長は「県内連携だけでは限界がある。九州3県でタッグを組めば受注獲得の機会も増える」と意欲を見せた。

県外連携に活路を見いだす九州の自動車部品サプライヤー

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 自民党幹事長・二階俊博氏に聞く。糸魚川大火の対応は迅速だったのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top