【ギフト・ショー】海外観光客を狙え! 瀬戸の造形師が浮世絵を立体化させた置物 画像 【ギフト・ショー】海外観光客を狙え! 瀬戸の造形師が浮世絵を立体化させた置物

イベント

 今回のギフト・ショーは、海外からの観光客を狙った商品、いわゆる「インバウンド系」のアイテムが多かった。セトクラフトもそのひとつだ。

 セトクラフトのブースでは、数多くの「和雑貨」を展示。なかでも注目を集めていたのは浮世絵を立体化させた製品。有名な浮世絵「ビードロを吹く女」や「金貸石部金吉」などを立体化した置物だ。それぞれ台座が3種類あり、『万年カレンダー』か『メガネスタンド』、『スマホスタンド』がラインアップされている。

 セトクラフト顧問・水谷義晴氏は、「当社は愛知県瀬戸市にあるので、造形師がたくさんいます。なので浮世絵のイメージをそのまま立体化させた商品を開発しました」と語る。陶磁器(瀬戸物)を名産とする街ならではのアイデアだ。

 この他にも球体のなかに「風神」と「雷神」のフィギュアが入っている置物『ウォーターボール』も展示されていた。これらは昨今増加している外国人観光客に向けて、空港や観光地の土産屋で販売していく予定とのこと。


★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

    メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  2. あの「すなば珈琲」が東京初出店! 崖っぷちお菓子のプロモで

    あの「すなば珈琲」が東京初出店! 崖っぷちお菓子のプロモで

  3. 先生のための『夏休み経済教室』に900人以上が参加

    先生のための『夏休み経済教室』に900人以上が参加

  4. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

アクセスランキングをもっと見る

page top