首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け 画像 首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け

インバウンド・地域活性

 千葉県の臨海部で大型ホテルの開発が勢いを増している。国内外の観光客を魅了する東京ディズニーリゾート(TDR、浦安市)の集客が好調なほか、幕張メッセ(千葉市美浜区)が2020年東京五輪の競技会場となるなど、県内の観光振興に追い風が吹いているためだ。20年に向けて、増加する観光客の受け皿となる宿泊施設が不足するとの見方もあり、開発が一層加速する可能性も出てきた。

 大型ホテルの新築・増築計画が特に活発化しているのが、TDRがある浦安市だ。TDRを経営するオリエンタルランドは、15年3月期からの10年間で、施設の再開発などに5000億円を投じるなど集客力の向上に力を入れている。これに加え、「東京五輪の開催決定も少なからず影響している」(市の担当者)とみられている。JR京葉線新浦安駅近くの埋め立て地「日の出地区」では、大型ホテルの新築・増築計画が次々と打ち出されている。

 新規開発の中で、最大の施設規模となるのが、地区南側の東京湾岸にある2・2ヘクタールの未利用地(日の出7の2の3)でマウンテンフット特定目的会社

 (東京都港区、山崎亮雄社長)が計画する客室数640室のリゾートホテルだ。建物はS造18階建て延べ3万8365平方メートル、最高高さは約60メートルの規模。設計は竹中工務店が担当。施工者は未定だが、17年7月末の竣工を目指している。
日刊建設工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  8. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

  9. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top