首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け 画像 首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け

インバウンド・地域活性

 千葉県の臨海部で大型ホテルの開発が勢いを増している。国内外の観光客を魅了する東京ディズニーリゾート(TDR、浦安市)の集客が好調なほか、幕張メッセ(千葉市美浜区)が2020年東京五輪の競技会場となるなど、県内の観光振興に追い風が吹いているためだ。20年に向けて、増加する観光客の受け皿となる宿泊施設が不足するとの見方もあり、開発が一層加速する可能性も出てきた。

 大型ホテルの新築・増築計画が特に活発化しているのが、TDRがある浦安市だ。TDRを経営するオリエンタルランドは、15年3月期からの10年間で、施設の再開発などに5000億円を投じるなど集客力の向上に力を入れている。これに加え、「東京五輪の開催決定も少なからず影響している」(市の担当者)とみられている。JR京葉線新浦安駅近くの埋め立て地「日の出地区」では、大型ホテルの新築・増築計画が次々と打ち出されている。

 新規開発の中で、最大の施設規模となるのが、地区南側の東京湾岸にある2・2ヘクタールの未利用地(日の出7の2の3)でマウンテンフット特定目的会社

 (東京都港区、山崎亮雄社長)が計画する客室数640室のリゾートホテルだ。建物はS造18階建て延べ3万8365平方メートル、最高高さは約60メートルの規模。設計は竹中工務店が担当。施工者は未定だが、17年7月末の竣工を目指している。
日刊建設工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  5. 新国立競技場、大屋根や観客席の検証模型を公開/色味や安全性など確認

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top