首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け 画像 首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け

インバウンド・地域活性

 千葉県の臨海部で大型ホテルの開発が勢いを増している。国内外の観光客を魅了する東京ディズニーリゾート(TDR、浦安市)の集客が好調なほか、幕張メッセ(千葉市美浜区)が2020年東京五輪の競技会場となるなど、県内の観光振興に追い風が吹いているためだ。20年に向けて、増加する観光客の受け皿となる宿泊施設が不足するとの見方もあり、開発が一層加速する可能性も出てきた。

 大型ホテルの新築・増築計画が特に活発化しているのが、TDRがある浦安市だ。TDRを経営するオリエンタルランドは、15年3月期からの10年間で、施設の再開発などに5000億円を投じるなど集客力の向上に力を入れている。これに加え、「東京五輪の開催決定も少なからず影響している」(市の担当者)とみられている。JR京葉線新浦安駅近くの埋め立て地「日の出地区」では、大型ホテルの新築・増築計画が次々と打ち出されている。

 新規開発の中で、最大の施設規模となるのが、地区南側の東京湾岸にある2・2ヘクタールの未利用地(日の出7の2の3)でマウンテンフット特定目的会社

 (東京都港区、山崎亮雄社長)が計画する客室数640室のリゾートホテルだ。建物はS造18階建て延べ3万8365平方メートル、最高高さは約60メートルの規模。設計は竹中工務店が担当。施工者は未定だが、17年7月末の竣工を目指している。
日刊建設工業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  4. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  5. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  8. 魚肉も美味! キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス!

  9. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top