マレーシア、飲料水の自動販売に新規制 画像 マレーシア、飲料水の自動販売に新規制

海外進出

飲料水の自動販売機での販売規制、来年1月より施行
2日、マレーシア保健省サブラマニアム大臣が、来年の1月より、飲料水の自動販売には保健省からの認可が必要になると発表したと、New Straits Timesなどのマレーシアメディアが伝えた。
全国で630台の販売機を検査
昨年の8月より、Food Act 1983(食品法1983)に基づくFood Regulations 1985(食品規則1985)に従い、同省は国内で飲料水の販売機の検査を行っている。

現在まで、全国で合計630台の販売機が検査され、品質の悪い飲料水、786のサンプルが集められた。

検査ではこれまで、合計22台の販売機が没収され、そのうち4台は衛生管理が適切に保たれておらず、10台でバクテリアが発見され、8台では販売されていた飲料水に高血圧や糖尿病などの健康に被害を及ぼす可能性のある容器が使用されていたとの報告結果を得た。

認可を受けた販売機には政府からのステッカー
飲料水自動販売の認可申請料金は、今後2年間は、販売機1台につき150リンギットとなり、申請時に販売機が検査され、その後も不定期での検査が実施される。認可が与えられた販売機には、政府から承認を得たことを示すステッカーが貼られる。

この新しい規制を守らない販売管理者には、最大5,000リンギットの罰金、もしくは、2年間の禁固刑が科される。

飲料水の自動販売に新規制

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

    スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. IHIインフラシステム、インドで道路橋建設工事受注/10キロ、200億円規模

    IHIインフラシステム、インドで道路橋建設工事受注/10キロ、200億円規模

  4. ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル

  5. ~ポストものづくり時代:4~世界唯一のモヘア糸、その作り方・売り方

  6. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  7. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  8. バンコク出店の「横井うどん」、香川出身の日本人も味にOK!

  9. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  10. 住友商事、インドネシアのオートファイナンス事業の資本再編へ

アクセスランキングをもっと見る

page top