インドネシアでの空港送迎など、日本語予約サービス開始へ 画像 インドネシアでの空港送迎など、日本語予約サービス開始へ

海外進出

サービス開始は9月14日予定
海外専門の事業開拓企業、ハローG海外事業部は3日、インドネシアのハイヤー・タクシー事業者であるブルーバード社と代理店契約を結び、ブルーバード社が提供する空港送迎やチャーター利用等の事前予約サービスを開始すると発表した。

なお、同サービスは9月14日の開始を予定している。

ブルーバード社は、インドネシアのハイヤー・タクシー最大手である。同国内において3万台以上のタクシー車両を保有し、国内タクシー市場において約3割のシェアを持つ。また、同社はジャカルタやバリなど、インドネシアの主要都市で営業している。

専用のウェブサイトで日本語予約が可能に
インドネシアは経済成長率が高く、今後も高い需要が見込めることから、日本企業の進出は年々増加傾向にある。それにともなって出張の頻度も高くなってきている。

しかし、空港から市街地への移動手段は選択肢が少ないのが現状である。そのため、タクシーの事前予約を利用することで、現地において効率的な移動が可能となる。

同サービスは、専用のウェブサイト「ブルーバード公式日本語予約サイト」より、空港送迎やチャーター利用等の事前予約が可能となっている。また、国内でのクレジットカードによる円決済のほか、法人向け請求書後払いにも対応する。

ブルーバード社、質の高いサービスを実施
ブルーバード社、セントラル・オペレーション担当のマリア・リハナ副社長は、
信頼をモットーに、質の高いサービスを心がけているブルーバード社にとって、今回、日本企業であるハローGをパートナーとして迎えられたことは大変光栄に思います。(引用:プレスリリース)


と述べ、サービス向上に努めていく考えだ。

なお、「ブルーバード公式日本語予約サイト」のURLは、下記外部リンクを参照のこと。

(画像はプレスリリースより)

インドネシア主要都市で、空港送迎等の事前予約サービス開始へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

    トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  4. ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

  5. 日本旅行、インドネシア市場で訪日旅行事業を強化

  6. モンゴルで育つ「日本流」自動車中古部品ビジネス

アクセスランキングをもっと見る

page top