GPSで新聞配達ルートを光の軌跡で可視化、長崎新聞の新プロジェクト 画像 GPSで新聞配達ルートを光の軌跡で可視化、長崎新聞の新プロジェクト

インバウンド・地域活性

 長崎新聞社がGPSを使って新聞配達ルートを可視化するプロジェクト「The Way」を実施。特設サイトで、長崎県の地図上に配達員の動きを光で表示した。時間の経過とともに配達が進むと、光のラインが県内各所に広がり、配達ルートを目で確認できる。

 さらに、YouTubeでは配達員の配達シーンを映像で追いかけたスペシャルムービーも公開。観光名所が並ぶ風光明媚な長崎を、配達ルートに沿って視聴できる。長崎の知名度向上や地域活性化にも一役買うユニークな試みとして、注目されているようだ。

 そもそも同プロジェクトは、同社が「新聞印刷輪転機」を2セット同時に更新したことを記念しての取り組みとなる。新輪転機により、カラー面が12面から16面へと増加。印刷スピードも高速化し、旧機に比べて1時間当たりの印刷部数を約2万部多くすることが可能になったという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  10. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

アクセスランキングをもっと見る

page top