インドネシア、10月めどに47の国と地域に観光ビザ免除へ 画像 インドネシア、10月めどに47の国と地域に観光ビザ免除へ

海外進出

2020年までに、年間外国人観光客数2000万人へ
インドネシアのリザル・ラムリ海事調整相は1日、47の国と地域に対して10月をめどに観光ビザを免除すると発表した。免除される国と地域は、オーストラリア、バチカン市国、台湾などである。

同国政府は、2020年をめどに外国人観光客数を年間2000万人とすること、また、外貨収入を現在の2倍とすることを目標としている。その目標を達成させるため、同国は6月に日本やアメリカ、中国など30の国と地域に対して観光ビザの免除を実施した。

6月の観光ビザ免除で観光客数15%増
同国政府は、6月に観光ビザを免除したことにより、観光客数が15%増加したことから、10月の観光ビザ免除に踏み切った。また、観光客数の増加によって、雇用の創出が可能であると見込んでいる。

当初は、50の国と地域に対し、観光ビザを免除する予定であったが、経済問題等で政府の基準に満たない3か国を除外した。

インドネシア入国管理総局は、観光ビザの免除によって観光客数の増加が見込まれることから、港や空港では入国審査の窓口を増やすほか、入国審査が受けられる港や空港も増やすとしている。

10月めどに、47の国と地域に観光ビザ免除へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  5. 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  8. ~越境ECを地方から:2~相手国を知る/ユーザー目線でわかりやすく

  9. ミャンマー、太陽光エネルギーで非電化地帯解消へ

  10. 【回転窓】ラグビーW杯開催国の責任

アクセスランキングをもっと見る

page top