インドネシア、10月めどに47の国と地域に観光ビザ免除へ 画像 インドネシア、10月めどに47の国と地域に観光ビザ免除へ

海外進出

2020年までに、年間外国人観光客数2000万人へ
インドネシアのリザル・ラムリ海事調整相は1日、47の国と地域に対して10月をめどに観光ビザを免除すると発表した。免除される国と地域は、オーストラリア、バチカン市国、台湾などである。

同国政府は、2020年をめどに外国人観光客数を年間2000万人とすること、また、外貨収入を現在の2倍とすることを目標としている。その目標を達成させるため、同国は6月に日本やアメリカ、中国など30の国と地域に対して観光ビザの免除を実施した。

6月の観光ビザ免除で観光客数15%増
同国政府は、6月に観光ビザを免除したことにより、観光客数が15%増加したことから、10月の観光ビザ免除に踏み切った。また、観光客数の増加によって、雇用の創出が可能であると見込んでいる。

当初は、50の国と地域に対し、観光ビザを免除する予定であったが、経済問題等で政府の基準に満たない3か国を除外した。

インドネシア入国管理総局は、観光ビザの免除によって観光客数の増加が見込まれることから、港や空港では入国審査の窓口を増やすほか、入国審査が受けられる港や空港も増やすとしている。

10月めどに、47の国と地域に観光ビザ免除へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

    変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  6. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  7. 【Sakeの海外戦略:3】中国戦略の鍵はネットとエピソード!

  8. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  9. 【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  10. 「親日国」通用せず。JICAがテロ対策で企業の支援強化

アクセスランキングをもっと見る

page top