マレーシア・ジョホール州で無料Wi-Fiサービス開始 画像 マレーシア・ジョホール州で無料Wi-Fiサービス開始

海外進出

州内135カ所に無料Wi-Fiサービスを
来年1月より、ジョホール州内の135カ所で無料Wi-Fiを利用し、インターネットを思う存分楽しむことができるようになると1日、The Starなどのマレーシアメディアが伝えた。
来年1月までに段階的に導入
この無料Wi-Fiサービスは、ダタラン・バンダラヤの時計台広場ではすでに8月31日より開始されており、今後、利用可能となるWi-Fiスポットは、2016年1月までに135カ所へと段階的に増やされていく予定である。

ジョホール州でのWi-Fi導入計画は、州内10のすべての地区で実施され、16の自治体で適用された。計画は実施されるまでに3年が費やされ、また、その設置費と管理費には1290万リンギットがかけられた。

「人々の暮らしに必要なものを」
最初のサービスが開始されたダタラン・バンダラヤを訪れた、ジョホール州モハマド・ カレド・ノルディン州首相は、州政府によるこのサービスは、市民の利便性を高めるために実施されたとし、以下のように述べている。
「今回の事業は、ジョホール州の通信サービスの向上を願う市民の意見をもとに進められてきた。」(The Starより引用)

また、この無料Wi-Fi導入は、「人々の暮らしに必要なものを」と提唱するジョホール州政府が掲げた目標を実現させていくための第一歩でもある。

ジョホール州 無料Wi-Fiサービス開始

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ラーメンの「一風堂」がミャンマー最大の商業都市に1号店をオープン

    ラーメンの「一風堂」がミャンマー最大の商業都市に1号店をオープン

  3. アルバイトタイムス、ヤンゴンに支店を設立、初の海外進出

    アルバイトタイムス、ヤンゴンに支店を設立、初の海外進出

  4. “世界最大のウラン産出国”カザフスタンが「核燃料バンク」設立へ

  5. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  6. 日本精機の現地子会社がアウディからヘッドアップディスプレイを受注

  7. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  8. 東京センチュリー、東南アジア地域への事業を拡大

  9. 【国産家具を世界へ!:2】インバウンドを世界市場につなげる

  10. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

アクセスランキングをもっと見る

page top