マレーシア・ジョホール州で無料Wi-Fiサービス開始 画像 マレーシア・ジョホール州で無料Wi-Fiサービス開始

海外進出

州内135カ所に無料Wi-Fiサービスを
来年1月より、ジョホール州内の135カ所で無料Wi-Fiを利用し、インターネットを思う存分楽しむことができるようになると1日、The Starなどのマレーシアメディアが伝えた。
来年1月までに段階的に導入
この無料Wi-Fiサービスは、ダタラン・バンダラヤの時計台広場ではすでに8月31日より開始されており、今後、利用可能となるWi-Fiスポットは、2016年1月までに135カ所へと段階的に増やされていく予定である。

ジョホール州でのWi-Fi導入計画は、州内10のすべての地区で実施され、16の自治体で適用された。計画は実施されるまでに3年が費やされ、また、その設置費と管理費には1290万リンギットがかけられた。

「人々の暮らしに必要なものを」
最初のサービスが開始されたダタラン・バンダラヤを訪れた、ジョホール州モハマド・ カレド・ノルディン州首相は、州政府によるこのサービスは、市民の利便性を高めるために実施されたとし、以下のように述べている。
「今回の事業は、ジョホール州の通信サービスの向上を願う市民の意見をもとに進められてきた。」(The Starより引用)

また、この無料Wi-Fi導入は、「人々の暮らしに必要なものを」と提唱するジョホール州政府が掲げた目標を実現させていくための第一歩でもある。

ジョホール州 無料Wi-Fiサービス開始

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  3. 中小建設企業に向けた知財活用の海外展開ハンドブック

    中小建設企業に向けた知財活用の海外展開ハンドブック

  4. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  5. 新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調

  6. 三菱地所がジャカルタのオフィスビル開発に参画、同国への初進出

  7. 現地拠点効率化で輸出拡大、自民・骨太方針策定PT

  8. 【2016年震災特集】駐日チリ大使に聞く、防災協力の輪を世界に

  9. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  10. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

アクセスランキングをもっと見る

page top