マレーシアで大気汚染深刻に! 健康被害可能性レベル到達 画像 マレーシアで大気汚染深刻に! 健康被害可能性レベル到達

ライフ

懸念される健康被害
マレーシアの大気汚染が深刻になっている。

マレー半島の主要地区、セランゴール州とクアラルンプールは既に深刻な大気汚染地区になっている。

8月26日にはその他ペナン州やペラ州などの地区ももやに覆われ、中でもセランゴール州にあるマレーシア最大の港ポートクランやペラ州スリマンジュンなどでは大気汚染指数が100点越えを記録し、健康に害が及ぶレベルに達している。

マレーシアの大気汚染指数は0~50で良好、51~100で普通、101~200で不健康、201から300で非常に不健康、300以上は危険レベルとしている。

打つ手がなく困惑する国内
ASEAN気象センターのホームページによると、インドネシア・スマトラ島やカリマンタン島で26日早朝から10数箇所で野焼きなどによる火が上がり、風向きの関係で煙霧がマレーシアに到達している。その影響は東マレーシアのサラワクが特にひどく、西マレーシアも避けられぬ状況のようだ。

隣国による毎年の大気汚染は打つ手がなく、マレーシア国民のみならずマレーシアを訪れる者にも頭の痛い問題だ。

安心の暇なし
報道ではクアラルンプール国際空港の視界は極めて低く、26日早朝の視界は5キロで、午後には3.5キロになり、空は曇っていたという。

100点越えを記録する各地も夜になると少し納まるようだが、それでも100点に近い心配な状況が連日続いているのには変わりはない。

大気汚染シーズンにマレーシアに滞在する人々には、外務省のホームページなどで逐次状況を確認し、自分の健康を害することのないように注意していただきたい。

(画像はイメージです)

マレーシアで大気汚染深刻に 健康被害可能性レベル到達

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. ビール販売実績、19年ぶり好転…今後の市場は20代が牽引?

    ビール販売実績、19年ぶり好転…今後の市場は20代が牽引?

  2. マレーシアでも国民病、スマホ依存症が深刻化

    マレーシアでも国民病、スマホ依存症が深刻化

  3. 【回転窓】若者を交えて考える

    【回転窓】若者を交えて考える

  4. 全国9酒蔵の新酒、1月5日解禁…有楽町の酒蔵レストランで

  5. 新規顧客獲得を支援する美容商品マッチングアプリ「美よたん」がリリース

アクセスランキングをもっと見る

page top