もっとも有益な微生物はどれ? 土壌微生物五輪が開幕  画像 もっとも有益な微生物はどれ? 土壌微生物五輪が開幕 

インバウンド・地域活性

 土壌中で有益な働きをする微生物の力を競う第1回オリンピックが開幕する。全国から土壌サンプルを募り、5部門(水田、畑作、果樹、施設園芸、家庭菜園)で微生物の多様性などを評価し、グランプリを決める。〝出場〟には1サンプル当たり1万円のエントリー料が掛かる。締め切りは11月5日。表彰式は、12月に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる予定だ。
 尚美学園大学(埼玉県川越市)SRI設立準備室などでつくる実行委員会が仕掛ける「世界土壌微生物オリンピック」。微生物の多様性が良質な農産物作りの目安になるとし、それを〝見える化〟する「土壌微生物多様性・活性値」を使って競う。農家や農業技術者、家庭菜園愛好家らがエントリーできる。提出するサンプルは、元肥を施してから4週間経過した土壌で、追肥後は受け付けない。

 実行委が都内で3日に開いたオリンピック開催の記者発表で、土壌微生物の分析技術を開発した同大学の横山和成氏は「国の宝である優秀な農家を正しく評価しないといけない。土の健康診断で農産物のブランド化につなげ、地域創生の起爆剤にしたい」とPRした。オリンピックは来年以降も続ける考え。問い合わせは実行委事務局、(電)049(246)7394。

めざせ菌?(金) 土壌微生物五輪が開幕 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

    【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

アクセスランキングをもっと見る

page top