行ってよかった道の駅ランキング、1位は田んぼアート「いなかだて」 画像 行ってよかった道の駅ランキング、1位は田んぼアート「いなかだて」

インバウンド・地域活性

トリップアドバイザーは「行ってよかった!道の駅ランキング2015」を発表。青森県田舎館村の道の駅いなかだてが1位に選ばれた。

「行ってよかった!道の駅ランキング」はトリップアドバイザーに寄せられた口コミの5段階評価や投稿数を基に決定した。

1993年に発祥した道の駅は、当時103施設だったが、現在では1059駅を超えるほどに増えている。上位にランクインしている道の駅の特徴としては、大型商業施設や文化遺産、地元の特産物を扱った料理の提供などが挙げられる。

1位の道の駅いなかだて(青森県)は、敷地内の展望台から見ることのできる大規模な田んぼアートが人気。敷地内の産地直売センターやレストラン、遊具施設なども評価が高かった。

2位の道の駅但馬のまほろば(兵庫県)は、古墳時代の古代政府をモチーフにしており、地域で発掘された古代遺跡の展示なども行っている。

3位の道の駅むなかた(福岡県)は、朝に獲れた玄界灘の新鮮な魚介類を販売しており、プロの料理人たちもお店で出す食材をもとめて足を運ぶほどだという。

行ってよかった道の駅ランキング、田んぼアートで人気の道の駅が1位に

《徳田龍磨》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

    漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  5. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  6. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top