横浜駅西口開発ビル駅前棟、竹中工務店で10月19日起工 画像 横浜駅西口開発ビル駅前棟、竹中工務店で10月19日起工

インバウンド・地域活性

 JR東日本は、JR横浜駅西口駅前(横浜市西区)で計画している大型開発プロジェクト「(仮称)横浜駅西口開発ビル」の建設工事に着手する。建設するビル2棟のうち、駅前棟の施工者を竹中工務店に決めた。10月19日に現地で安全祈願祭を行う予定。もう1棟の鶴屋町棟については18年に着工する見通し。両棟とも20年の開業を目指している。
 建設地は西区南幸1の1の2ほか。計画によると、線路沿いの敷地の南側(敷地面積8700平方メートル)に駅前棟、北側(5000平方メートル)に鶴屋町棟を整備する。2棟は歩行者通路でつなげる。
 業務・商業施設が入る駅前棟は地下3階地上26階建て延べ約9万8000平方メートル。高さは約135メートル。建物の容積率算定でエレベーターシャフト(昇降路)部分を床面積に算入しないことを規定した改正建築基準法(14年7月施行)に基づいて施設計画を見直した結果、延べ床面積が従前の計画(14年3月公表時点)から4000平方メートル増えた。設計はJR東日本東京工事事務所、ジェイアール東日本建築設計事務所とジェイアール東日本コンサルタンツのJVが担当している。
 鶴屋町棟は9階建て延べ2万4000平方メートルの規模で、高さ31メートルを想定。駐車場や保育施設などを配置する。設計者、施工者は未定。

JR東日本/横浜駅西口開発ビル駅前棟、竹中工務店で10月19日起工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  5. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  6. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  7. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  10. 「水戸ど真ん中再生プロジェクト」進行中、プロバスケ練習場やカフェがオープン!

アクセスランキングをもっと見る

page top