「加賀九谷野菜」商標登録、認知向上・販路拡大めざす 画像 「加賀九谷野菜」商標登録、認知向上・販路拡大めざす

インバウンド・地域活性

 石川県のJA加賀は、北陸最大の産地であるブロッコリーをはじめ加賀市産野菜の知名度向上に向けて、「加賀九谷野菜」を7月に商標登録した。これまで、金沢市で栽培する伝統野菜の商標名「加賀野菜」と間違えられることが多かったため、九谷焼発祥の地を併せてアピールできるブランド名を発信して、消費や販路の拡大、生産者の意欲向上などにつなげることを目指す。
 「加賀九谷野菜」の主な作物はブロッコリーや味平かぼちゃ、白ネギ、トマトなど。

 JAは8月に東京駅で開いた「加賀の恵み おいしい食材フェア」に「加賀九谷野菜」を出品。農産物直売所「JAグリーン加賀 元気村」ではブランド名を記したのぼり旗を掲げ、「加賀九谷野菜」をアピールしている。

 今後は、のぼり旗の他、ポスターやちらしでアピールしていく。出荷用の箱に書き込んだり、市内外の飲食店や旅館にメニューに掲載するよう呼び掛ける。九谷焼発祥の地をアピールするため、九谷焼の器に盛り付けた創作料理の考案も依頼する予定だ。

 久保田清忠組合長は「加賀市産野菜を商標登録することで、消費者への浸透を図り、生産者の意欲向上と所得増大につなげたい」と話す。

加賀九谷野菜 商標登録しPR 販路拡大、所得向上へ V

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top