【ギフト・ショー】自宅で立体ラテアートができる便利グッズ

イベント

タカラトミーアーツのブースには、『3D ラテメーカー アワタチーノII』の商品と作例が展示されていた。
  • タカラトミーアーツのブースには、『3D ラテメーカー アワタチーノII』の商品と作例が展示されていた。
  • タカラトミーアーツのブースには、『3D ラテメーカー アワタチーノII』の商品と作例が展示されていた。
  • デモ・作成中
  • ブースに作られたステージでは、定期的に実演を行なっていた。ものの数分で立体ラテアートが完成した。
  • ブースに作られたステージでは、定期的に実演を行なっていた。ものの数分で立体ラテアートが完成した。
  • コーヒーだけでなく、ソーダのような冷たい飲み物にも使える。
 タカラトミーアーツは、カンタンに立体的なラテアートを作れる『3D ラテメーカー アワタチーノII』を紹介。昨年発売された初代機に比べ、泡を立てやすく進化した。具体的には泡立て羽根の形状を最適化したり、モーターと絞り出し口の改良が行われている。また、本体の色は「最近の家電のトレンドに合わせて赤と白を用意した」と、開発を担当したタカラトミーアーツ・上西宏治氏は語る。

 本商品はピストルのような形をした電動泡立て機。本体のカップに無脂肪牛乳を入れて泡を立てたら、レバーを引くだけで先端から泡が出てくる。出てくる泡は、初めは柔らかく、徐々に硬くなっていくため、多少の慣れが必要。しかしコツさえ把握したら、ものの数分で立体ラテアートを作れるので、とても楽しそうだ。

 同社のブースではキッチン風のステージを作り、定期的にデモンストレーションを開催。ウサギやネコなどの3Dラテアートを実演すると、来場者は興味深く足を止めて見入っていた。

 『3D ラテメーカー アワタチーノII』は2015年10月ごろ発売で、価格は3800円(税別)を予定している。
《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. Googleが考える“現場力を支える”AIの未来/Japan IT Week

    Googleが考える“現場力を支える”AIの未来/Japan IT Week

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 第2回社歌コンテスト、大賞決定! 大賞と各賞発表!!

    第2回社歌コンテスト、大賞決定! 大賞と各賞発表!!

  4. 越境ECフェス/中国・東南アジアで成功、その事業とは?

  5. 2020年の4000万人を実現するために何を取り入れる?/インバウンド・ジャパン

  6. 【国際ロボット展】介助犬のように障害者をサポートする支援ロボット「HSR」

  7. お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク

  8. 【実践ソリューションフェア:1】コンサル不要の新経営解析ツール

  9. 【新電力EXPO】余剰発電を水素で保管する、有機ハイドライド化で安定貯蔵へ

  10. 大手百貨店やスーパー、通販への販路拡大のチャンス!「買いまっせ! 売れ筋商品発掘市」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top