ドローンの飛行禁止、夜間飛行や人の密集地で……改正航空法成立 画像 ドローンの飛行禁止、夜間飛行や人の密集地で……改正航空法成立

IT業務効率

 無人航空機、いわゆる「ドローン」の規制を盛り込んだ航空法改正案が、4日の参議院本会議で可決され、成立した。ドローンの飛行エリアや時間などについて基本的なルールが設けられる。

 ドローンについては新産業として注目を集める一方、首相官邸屋上で発見されたこと、長野県の善光寺など国内外で落下事故が発生していることを受け、安全面の確保が議論の対象となっていた。今回の法案ではこうした状況を受け、ドローンの基本的な飛行ルールを定めている。

 改正案成立により、空港周辺や人や住宅が密集する地域上空での飛行については国土交通大臣の許可制となり、原則禁止となる。また、そのほかの場所についても飛行は原則として日中、周囲の状況を目視しながら人や建物との距離を保って行うことが求められる。ただし、公共機関による事故や災害時の救助活動などは例外。

 国土交通省は7月の閣議決定段階で、今回の改正案を「緊急的な措置」としており、「今後、技術の進歩や利用の多様化の状況等を踏まえ」産業発展のために必要な措置を講じていくとしている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  2. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

    【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  3. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  6. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  7. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. 日建連専門部会が洋上風力発電の促進で報告書。基地港湾と専用作業船必要、課題はコスト

  10. 富士教育訓練センターでドローン技能者を育成、若者や中途採用者を確保

アクセスランキングをもっと見る

page top