ガルーダ航空、スポーツ用品・楽器の無料預かりサービスを終了 画像 ガルーダ航空、スポーツ用品・楽器の無料預かりサービスを終了

海外進出

スポーツ用自転車は、引き続き預かり無料
ガルーダ・インドネシア航空は8月31日、スポーツ用品や楽器の無料での預かりを、同日をもって終了したと発表した。

なお、スポーツ用の自転車については1人1点に限り、無料での預かりが可能となっている。スポーツ用自転車を無料預かりできる重量、および寸法は、1セット30kgまで、長さ、高さ、奥行きの3辺の合計が158cm以内となっている。

スポーツ用品や楽器については、通常の受託手荷物と同様の扱いとなり、規定された重量を超えた場合には、超過料金が加算される。超過料金が加算される重量は、各クラス別、また、国際線・国内線で異なっている。

超過料金が加算される重量について
超過料金が加算される重量は、日本を発着する路線については、ファーストクラスとビジネスクラスが64kgを超えた場合、エコノミークラスは46kgを超えた場合となっている。

また、インドネシアの国内線の場合は、ファーストクラスが40kgを超えた場合、ビジネスクラスが30kgを超えた場合、エコノミークラスは20kg超えた場合となっている。それ以下の場合は、無料となっている。

ただし、インドネシア国内線を日本発の国際航空券の一部として購入した場合は、日本を発着する場合と同じ条件となる。

超過料金の詳細は、ガルーダ航空へ問い合わせを
超過料金については、利用区間によって異なるので、ガルーダ・インドネシア航空に確認のこと。

なお、一例をあげると、成田、羽田、関西の各空港からジャカルタ、デンパサールまでは超過1kgあたり2800円(片道)、ジャカルタ、デンパサールから成田、羽田、関西の各空港までは、超過1kgあたり10米ドル(片道)となっている。

なお、荷物1個あたりの重量は32kgまでとなっているので、梱包の際には注意が必要だ。

(画像はガルーダ・インドネシア航空HPより)

ガルーダ航空 スポーツ用品・楽器の無料預かりを終了

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. バンコクの日系企業向けサービスオフィス、投資の伸びを追風に

    バンコクの日系企業向けサービスオフィス、投資の伸びを追風に

  3. 国交省、バングラデシュのPPP対象候補案件絞り込み/高速道路など3分野

    国交省、バングラデシュのPPP対象候補案件絞り込み/高速道路など3分野

  4. アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合、走行ビッグデータ活用へ

  5. 居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

  6. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. 三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

  9. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

アクセスランキングをもっと見る

page top