新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調 画像 新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調

海外進出

MABとして再スタート
9月1日、マレーシアのナショナルフラッグキャリアは、2度の悲劇により傷ついたMalaysia Airline System(MAS)に代わり、Malaysia Airlines Bhd(MAB)として再スタートした。

MABとしての初日、クアラルンプール国際空港(KLIA)の利用客は、特に今までとの違いを感じることもなく、エアラインのサービスを利用しているようだった。全く新しい組織になったものの、ロゴも制服もそのままなのだから無理もないだろう。

MABのCEO、クリストフ・ミュラー氏はこの日、KLIAを視察し、テディベアを手渡すなどして、利用客をもてなした。また、メルボルン行きのMH149に搭乗した幸運な1名には、ビジネスクラス往復チケットが贈られた。

思い切った構造改革
ミュラー氏は2日に発表した声明で、
我々は新しい会社のスタートとなるこの日を待ち望んでいた。これまでの数ヶ月、新しい組織へのスムースな移行のため頑張ってきた。これまで我々を支えてくれた全ての皆様に感謝したい。(Malaysiakiniより)

と、新体制が順調なスタートを切れた喜びと感謝の気持ちを表した。

MABは新しいスタートを切るにあたり、運航路線やサプライ契約などを見直す一方、6000人を新規に雇用し、構造改革を図っている。

(画像はMalaysiakiniより)

新マレーシア航空、滑り出しは順調

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

    唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  3. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  4. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  5. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  6. 中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

  7. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  8. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  9. 西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発

  10. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

アクセスランキングをもっと見る

page top