新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調 画像 新マレーシア航空、新体制の滑り出しは順調

海外進出

MABとして再スタート
9月1日、マレーシアのナショナルフラッグキャリアは、2度の悲劇により傷ついたMalaysia Airline System(MAS)に代わり、Malaysia Airlines Bhd(MAB)として再スタートした。

MABとしての初日、クアラルンプール国際空港(KLIA)の利用客は、特に今までとの違いを感じることもなく、エアラインのサービスを利用しているようだった。全く新しい組織になったものの、ロゴも制服もそのままなのだから無理もないだろう。

MABのCEO、クリストフ・ミュラー氏はこの日、KLIAを視察し、テディベアを手渡すなどして、利用客をもてなした。また、メルボルン行きのMH149に搭乗した幸運な1名には、ビジネスクラス往復チケットが贈られた。

思い切った構造改革
ミュラー氏は2日に発表した声明で、
我々は新しい会社のスタートとなるこの日を待ち望んでいた。これまでの数ヶ月、新しい組織へのスムースな移行のため頑張ってきた。これまで我々を支えてくれた全ての皆様に感謝したい。(Malaysiakiniより)

と、新体制が順調なスタートを切れた喜びと感謝の気持ちを表した。

MABは新しいスタートを切るにあたり、運航路線やサプライ契約などを見直す一方、6000人を新規に雇用し、構造改革を図っている。

(画像はMalaysiakiniより)

新マレーシア航空、滑り出しは順調

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. 二輪車・四輪車、タイ、インドネシアの次はベトナム!

    二輪車・四輪車、タイ、インドネシアの次はベトナム!

  3. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

    シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  4. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  5. ホンダマレーシア、シティに新色追加! 現地で顧客調査

  6. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  7. トヨタ、タイで新型「ヴィオス」発売

  8. 「中東のシリコンバレー」イスラエルブームは本物か?

  9. 日本で働きたいアジアの大学生のマッチングイベントがインドネシアで開催

アクセスランキングをもっと見る

page top