国交省、重層下請構造を是正へ 建設工事 画像 国交省、重層下請構造を是正へ 建設工事

マネジメント

 国土交通省は、工事単位で重層下請構造の実態を把握する15年度調査の委託先を、三菱商事系のMCデータプラス(東京都港区、秋山光輝社長)に決めた。工種・工事規模別に施工体制に着目して重層下請構造を本格的に調査するのは初めて。調査を契機に行き過ぎた重層下請契約を是正し、建設生産システムの生産性向上を図る。16年度は調査結果を踏まえ、要因分析などを行う。
 本年度の調査では、重層下請構造の現状を把握する。公共工事と民間工事の両方を対象に数千~1万件程度のサンプルを集め、工種や工事規模ごとの下請構造や、重層化しやすいケースなどを統計的に把握する。16年度の調査では、下請次数が標準的なケースとは大きく異なる工事を抽出。それぞれの下請契約内容や重層化の要因、重層化で懸念される問題の発生状況を把握する。その上で不要な下請契約や行き過ぎた重層化を回避する施策を検討する。調査経費は16年度予算の概算要求に盛り込んだ。
 国交省は、工事の専門化・分業化が進み、工事量にも繁閑があることから、ある程度の下請構造は不可避とみている。ただ、行き過ぎた重層構造によって間接経費が増加し、生産性の低下や労務費へのしわ寄せなどを招いているとの指摘があることも踏まえ、本年度から調査に乗りだすことにした。
 調査結果を業界や地方自治体と共有することで、一体となって改善を進めていきたい考えだ。本年度調査を受託したMCデータプラスは、作業員名簿といった建設現場の労務安全書類を元下請間で共有・管理し、元請が施工体制台帳を作成できるクラウドサービス「グリーンサイト」を運営している。

国交省/重層下請構造の実態把握へ/MCデータプラスに調査委託

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

    物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  2. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  5. マンション傾斜問題、国交省が再発防止へ有識者委員会を設置

  6. 航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う

  7. 専門家に聞く「そもそもマイナンバー」って何?――10月までに知っておきたいこと

  8. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  9. 日建連会員企業45社の収益性改善……2014年度決算分析

  10. 企業の賃金調査、ベアや賞与に厳しさ浮彫り

アクセスランキングをもっと見る

page top