起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録 画像 起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録

マネジメント

 東京商工リサーチが2014年の合同会社設立についての調査結果をまとめた。2014年に設立された合同会社は前年比36.8%増の1万9879社で、5年連続で前年比20%以上の増加となった。

 合同会社は2006年5月に施行された会社法によって、新たに設けられた企業形態。設立手続の簡素化や維持運営コストの優位性、組織の自由度の高さといった特徴から、個人企業が合同会社として法人化するケースも増加している。

 実際に、今回の調査でも新設合同会社の資本金を見ると、56.59%が100万円以下と圧倒的に多い。100万円以上500万円未満(34.55%)と合わせると実に9割以上となる。合名会社や合資会社と異なり、株式会社同様に出資者が有限責任であることも大きな特徴だ。

 今回の調査によると2014年に設立された法人は全体で11万9552社で、内16.6%の1万9879社が合同会社だった。新法人としてもっとも多かった形態は株式会社だが、前年比での増加率は5%。増加率で見ると36.8%の合同会社がトップとなっている。特に直近では2年連続35%を超える伸び率で、法人設立の際の選択肢として注目が集まっているといえるだろう。

 東京商工リサーチは、合同会社という形態が開業率上昇に一役買っていると分析。利点が浸透していけば、今後も合同会社での法人設立は増加していくと予測している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「WeChat」と連動!“爆買い”を促すデジタルサイネージ

    「WeChat」と連動!“爆買い”を促すデジタルサイネージ

  2. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

    ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  3. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  4. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  5. 米キャタピラー、キャタピラージャパンの製造拠点統廃合を検討

  6. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

  7. アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?

  8. 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

  9. 国交省が空き家対策支援を強化、16年度に専用補助事業創設

  10. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top