起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録 画像 起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録

マネジメント

 東京商工リサーチが2014年の合同会社設立についての調査結果をまとめた。2014年に設立された合同会社は前年比36.8%増の1万9879社で、5年連続で前年比20%以上の増加となった。

 合同会社は2006年5月に施行された会社法によって、新たに設けられた企業形態。設立手続の簡素化や維持運営コストの優位性、組織の自由度の高さといった特徴から、個人企業が合同会社として法人化するケースも増加している。

 実際に、今回の調査でも新設合同会社の資本金を見ると、56.59%が100万円以下と圧倒的に多い。100万円以上500万円未満(34.55%)と合わせると実に9割以上となる。合名会社や合資会社と異なり、株式会社同様に出資者が有限責任であることも大きな特徴だ。

 今回の調査によると2014年に設立された法人は全体で11万9552社で、内16.6%の1万9879社が合同会社だった。新法人としてもっとも多かった形態は株式会社だが、前年比での増加率は5%。増加率で見ると36.8%の合同会社がトップとなっている。特に直近では2年連続35%を超える伸び率で、法人設立の際の選択肢として注目が集まっているといえるだろう。

 東京商工リサーチは、合同会社という形態が開業率上昇に一役買っていると分析。利点が浸透していけば、今後も合同会社での法人設立は増加していくと予測している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

    国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  2. 国交省、生産性革命本部が発足、直轄大規模土工、ICT活用を原則化

    国交省、生産性革命本部が発足、直轄大規模土工、ICT活用を原則化

  3. 国交省、「発注方式選定表」を本格導入

    国交省、「発注方式選定表」を本格導入

  4. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  5. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  6. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  7. 国交省、1月27日に中建審・社整審小委で構造的課題検討、6月に中間まとめ

  8. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  9. 【この人に聞く】エクイパルコ社・ロニービック・コンデ・ラグナダ社長

  10. 従業員の不祥事、どう防ぐか、対応するか――企業向け「コンプライアンス事件簿 マナー編」

アクセスランキングをもっと見る

page top