首都高3号の大規模更新、準備工事に向け検討へ 画像 首都高3号の大規模更新、準備工事に向け検討へ

インバウンド・地域活性

 首都高速道路会社は、老朽化が進む首都高速道路の大規模更新事業の一環で、高速3号渋谷線池尻~三軒茶屋間(東京都世田谷区)の準備工事に向けた検討に着手する。対象区間の既設構造物は東急田園都市線の地下トンネル部と一体構造のため、更新工事が鉄道の運行に影響を与えないように既設構造物の補強工事を事前に行う計画。更新事業の都市計画手続きと合わせ、補強工事の施工計画などの検討作業を進める。
 更新計画によると、3号渋谷線池尻~三軒茶屋区間は延長1・5キロ。1971年の供用開始から40年以上たち、劣化が目立つ。橋脚の基礎部と地下鉄の躯体上部が一体構造のため、一般的な橋脚に比べて横梁の張り出し部(長さ約10メートル)が長い。構造的に変形しやすく、床版には亀甲状のひび割れが多数発生している。
 更新事業では、地下鉄への影響を考慮し、床版の重量を増やさずに耐久性を高めるため、コンクリート床版から鋼床版に取り換える。1車線ごとに取り換え工事を行い、工事中の交通への影響を抑える。総事業費は648億円を見込む。2020年東京五輪の大会期間中は工事を中断し、27年度の事業完了を予定している。
 首都高速会社は事前の既設構造物の補強対策の一環で、渋谷線の高架部分と地下鉄部分の補強構造と概略施工計画などの検討に入り、関係機関との協議も進める。一連の検討業務は長大が担当している。履行期限は17年6月30日。池尻~三軒茶屋区間では、大規模更新事業に合わせて、上り勾配や入り口合流によって渋滞が発生するボトルネック区間に付加車線(延長約300メートル)も設置し、交通容量の増大を図る。付加車線の増設事業も更新事業と同じ27年度の完成を予定している。

首都高速会社/3号池尻~三軒茶屋間(東京都世田谷区)大規模更新/準備工へ検討着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

    福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  3. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  4. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  6. 静岡クラウンメロンカレー……分量の2割が高級メロン成分

  7. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  8. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

アクセスランキングをもっと見る

page top