EV航続距離を500km以上にする大容量リチウム空気電池 画像 EV航続距離を500km以上にする大容量リチウム空気電池

IT業務効率

科学技術振興機構(JST)は、東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の陳明偉教授らが、長寿命かつ大容量のリチウム空気電池を開発したと発表した。

現在の電気自動車に搭載されているリチウムイオン電池は、電気容量の関係で一般的な走行距離は200km程度とされている。走行距離を飛躍的に伸ばすためには新タイプの大容量蓄電池の開発が必要となる。近年、注目されているリチウム空気電池は、リチウムイオン電池とは異なり、正極にコバルト系やマンガン系の化合物を用いることなく、リチウム金属、電解液と空気だけで作動し、リチウムイオン電池の5~8倍の容量を実現できるとされている。

陳教授らは今回、リチウム空気電池の正極に新たに開発した多孔質グラフェンを使用。電極の単位重量あたり2000mAhの大きな電気エネルギーを持ち、かつ100回以上の繰返し充放電が可能なリチウム空気電池の開発に成功した。現時点では、少量の貴金属を触媒に使用し、また、充電時の過電圧が大きいなどの課題は残るが、実験結果を電気自動車の走行距離に換算すると充電1回あたりで500~600kmの走行に相当する結果が得られた。

今後は、同電極の実用化を目指して企業と模索していく予定だ。

EV航続距離を500km以上へ…東北大など、大容量リチウム空気電池を開発

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  4. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  5. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  6. 熊本地震、阿蘇大橋地区、高所で無人化施工を採用

  7. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  8. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  9. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

アクセスランキングをもっと見る

page top