広島市産野菜“ひろしまそだち”で新商品開発、市内の参加事業者を募集 画像 広島市産野菜“ひろしまそだち”で新商品開発、市内の参加事業者を募集

インバウンド・地域活性

 広島市が市内産の野菜“ひろしまそだち”を使った新商品の開発事業者を募集する。市内に拠点を持つ食品製造もしくは加工事業者が対象。

 今回の新商品開発事業は、市内農林水産物を活用した6次産業化の取り組みの一環。地産地消促進のための農林水産物ブランドとして展開する“ひろしまそだち”を使って、一般事業者による商品開発を支援する。

 支援対象となった企業には、新商品開発のための支援として、原料となる野菜が提供される。ただし、最長約3か月間の支援期間内に試作販売が可能なこと、将来的に開発商品の販売が可能なこと、商品化に際して“ひろしまそだち”を原材料として使用することなどが条件。

 今回アイディアを募集するのは、こまつな、水菜、春菊のいずれかを使った商品開発。期間中に2回に分けて野菜の支給を受けることも可能だ。

 募集期間は9月4日から11月30日までで、支援期間は2016年3月31日まで。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  10. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

アクセスランキングをもっと見る

page top