【回転窓】作文のルール 画像 【回転窓】作文のルール

人材

 『生き延びるための作文教室』(石原千秋著)という中学生向けの本がある。そこに〈作文とはウソをつくことである〉と書いてあった▼学校空間はガラスのような壁に囲まれていて、道徳的に正しいことしか認められない。だから、作文でも学校空間が求める答えを書かなければならないのだと。自分の思いと違っていれば、ウソをつけばよいと説く▼一般社会も同じだろう。営業先への売り込み資料であれ、技術提案書であれ、相手側の評価軸を考えて内容を詰めていく。石原氏は、自身も研究者特有の壁の中で生きていることを明かした上で、壁を壊す日を夢見てほしいと語り掛ける▼わが中学生時代に、生徒会長選挙への立候補演説を書かされたことがある。何度も断ったが、担任に無理強いされた腹いせに、「1限目の前に実施している朝学習は無駄だ。当選したら廃止するよう提案する」と書いたら、却下された。仕方なく、きれい事だらけの模範解答を作った。自分の考えとは全く異なるウソ原稿を担任は笑顔で受け取った▼壁の先をどう目指すか。大人の作文の方がはるかに難しいが、そこが面白い。

回転窓/作文のルール

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

    2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  3. 事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

    事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

  4. がん検診率ほぼ100%を達成した中小企業、古川の取り組みとは?

  5. 埋浚協幹部会見、働き方改革・生産性向上で担い手確保を

  6. 事業承継と親族後継者の「学び」

  7. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  8. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  9. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  10. 【サテライトオフィスの利点:3】働き方改革をこの場所でトライする!

アクセスランキングをもっと見る

page top