規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に 画像 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

インバウンド・地域活性

 アジアインタートレードが、規格外として廃棄されていた有機野菜を飲食店向けに販売するサービスをスタートした。

 現在の一般的な農産物流通では、サイズや形が整っていない野菜は規格外品として流通に載せられない場合が多い。そのため、規格外のものについては、農業者自身が廃棄処分せざるを得ないのが現状だ。

 同社はこうした規格外の野菜を、30%程度安い価格で飲食店に販売する。農業者には従来廃棄されていた野菜による新たな収益を、飲食店には原価率低下を提供する形だ。

 販売する農作物は有機野菜の規格外品。5品目程度の野菜を送料込み3000円でセットにし、月1~2回の定期購入の形で販売する。今後は協力農家を増やし、飲食店だけでなく小ロットでの個人向け出荷も狙っていくという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 民間発の職人育成塾、国交省が設立支援…人材育成や地方創生に

    民間発の職人育成塾、国交省が設立支援…人材育成や地方創生に

  3. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. ファームシップ支援で晃商が三重に植物工場建設、1万5千株生産

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top