規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に 画像 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

インバウンド・地域活性

 アジアインタートレードが、規格外として廃棄されていた有機野菜を飲食店向けに販売するサービスをスタートした。

 現在の一般的な農産物流通では、サイズや形が整っていない野菜は規格外品として流通に載せられない場合が多い。そのため、規格外のものについては、農業者自身が廃棄処分せざるを得ないのが現状だ。

 同社はこうした規格外の野菜を、30%程度安い価格で飲食店に販売する。農業者には従来廃棄されていた野菜による新たな収益を、飲食店には原価率低下を提供する形だ。

 販売する農作物は有機野菜の規格外品。5品目程度の野菜を送料込み3000円でセットにし、月1~2回の定期購入の形で販売する。今後は協力農家を増やし、飲食店だけでなく小ロットでの個人向け出荷も狙っていくという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

  4. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. 富裕層インバウンドの法則その1

アクセスランキングをもっと見る

page top