規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に 画像 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

インバウンド・地域活性

 アジアインタートレードが、規格外として廃棄されていた有機野菜を飲食店向けに販売するサービスをスタートした。

 現在の一般的な農産物流通では、サイズや形が整っていない野菜は規格外品として流通に載せられない場合が多い。そのため、規格外のものについては、農業者自身が廃棄処分せざるを得ないのが現状だ。

 同社はこうした規格外の野菜を、30%程度安い価格で飲食店に販売する。農業者には従来廃棄されていた野菜による新たな収益を、飲食店には原価率低下を提供する形だ。

 販売する農作物は有機野菜の規格外品。5品目程度の野菜を送料込み3000円でセットにし、月1~2回の定期購入の形で販売する。今後は協力農家を増やし、飲食店だけでなく小ロットでの個人向け出荷も狙っていくという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

アクセスランキングをもっと見る

page top