卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業 画像 卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

インバウンド・地域活性

 ミツホゴム工業(東京都荒川区)は、卓球ラケットのラバーを製造している。社長の村田さん(73)は、娘の和美さんと二人三脚で年間12万枚を製作し、ロンドン五輪・女子卓球で銀メダリストとなった福原愛選手のラバーも手がけた。「勝負に関わる仕事だから責任が大きい」と、2012年度に認定された「荒川マイスター」のプライドをみせる。 卓球ラバーは生ゴムに6種類の薬品を配合する。その調合の仕方で球の飛び方に影響が及ぶ。ラバーに使用するサイズの長方形にカットしたゴムを金型で押さえ、50キログラムの圧力を加えながら約10分間加熱する。このときの焼き上がりによって、製品の出来上がりの成否が分かれる。 「温度調節は計算上は160度Cだが、日々変わる」と村田さん。計算上の温度できっちり計って10分間加熱しても、不良品ができてしまうことがある。さらに、冬は温度調整がしやすいが、夏は難しいという。この日も175度Cの高温で成形した。「同じ素材で作っても、翌日には同じ温度で作れない」。こつは「自転車に乗れるようになるのと同じだ」と話す。 卓球ラバーには赤と黒の2色がある。45年前に東京・田端の機械工場で調べてもらった結果、熱吸収力の違いで弾性の違いがあることも分かったという。 村田さんは23歳の時にラバー製造と出会い、50年間仕事を続けてきた。下町の職人らしく「仕事は10割が運、1割が努力」と独特の言い回しで表現する。娘の和美さんは、その意味を「努力を何倍も重ねて、極めたときにチャンスはやってくる」と“翻訳”する。若い人に向けて、村田さんは「根気よく続けること」と一言に込めている。(文=茂木朝日)

卓球ラケットのラバー製造一筋50年

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. コーヒー店が大豆商品を販売!? 隠された農家の物語とは?

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  10. 東京都・石神井川の治水対策、城北中央公園直下に地下調節池を新規整備

アクセスランキングをもっと見る

page top