卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業 画像 卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

インバウンド・地域活性

 ミツホゴム工業(東京都荒川区)は、卓球ラケットのラバーを製造している。社長の村田さん(73)は、娘の和美さんと二人三脚で年間12万枚を製作し、ロンドン五輪・女子卓球で銀メダリストとなった福原愛選手のラバーも手がけた。「勝負に関わる仕事だから責任が大きい」と、2012年度に認定された「荒川マイスター」のプライドをみせる。 卓球ラバーは生ゴムに6種類の薬品を配合する。その調合の仕方で球の飛び方に影響が及ぶ。ラバーに使用するサイズの長方形にカットしたゴムを金型で押さえ、50キログラムの圧力を加えながら約10分間加熱する。このときの焼き上がりによって、製品の出来上がりの成否が分かれる。 「温度調節は計算上は160度Cだが、日々変わる」と村田さん。計算上の温度できっちり計って10分間加熱しても、不良品ができてしまうことがある。さらに、冬は温度調整がしやすいが、夏は難しいという。この日も175度Cの高温で成形した。「同じ素材で作っても、翌日には同じ温度で作れない」。こつは「自転車に乗れるようになるのと同じだ」と話す。 卓球ラバーには赤と黒の2色がある。45年前に東京・田端の機械工場で調べてもらった結果、熱吸収力の違いで弾性の違いがあることも分かったという。 村田さんは23歳の時にラバー製造と出会い、50年間仕事を続けてきた。下町の職人らしく「仕事は10割が運、1割が努力」と独特の言い回しで表現する。娘の和美さんは、その意味を「努力を何倍も重ねて、極めたときにチャンスはやってくる」と“翻訳”する。若い人に向けて、村田さんは「根気よく続けること」と一言に込めている。(文=茂木朝日)

卓球ラケットのラバー製造一筋50年

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. 京王線笹塚~仙川駅間連立事業、8工区の施工者決定、16年度から順次着工

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  8. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  9. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  10. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

アクセスランキングをもっと見る

page top