「難民割り当て案」サミットを開催へ 東欧4カ国 画像 「難民割り当て案」サミットを開催へ 東欧4カ国

海外進出

ハンガリー、ポーランド、チェコ、スロバキアの4カ国が話し合い
ハンガリー、ポーランド、チェコ、スロバキアの東欧4カ国が、難民割り当て案について話し合うサミットを開催する計画が明らかになった。

これらヴィシェグラード4カ国は、9月14日に行われる欧州連合(EU)の特別会議の前に、難民受け入れに対する共通の指針を調整したい考えだ。ドイツn-tvが8月31日、報じた。

サミットは9月4日か6日に行われる予定。

欧州委の難民「割り当て案」に反対
欧州委員会は5月、国の経済力やその他いくつかの要因を考慮した難民受け入れをEU加盟国内で割り当てるという難民・移民対策案を発表。加盟国間で負担を公正に分かち合うことが狙いだ。だが、いくつかの加盟国からは反発が上がっている。

東欧のEU加盟国も反対の意向を示している。なかでも、シリアからの難民の増加を受けて、シリア難民の受け入れに対し、強い反対の声が上がっている。

スロバキアのロベルト・フィツォ首相は、「この馬鹿らしい受け入れ案を支援するつもりはない。ドイツやフランス、スウェーデンなど西欧のEU諸国からの圧力には屈しない。」とコメント。チェコのボフスラフ・ソボトカ首相も「難民の割り当ては間違っている。この案を拒否するつもりだ。」と強調した。

(画像はイメージです)

難民「割り当て案」 ヴィシェグラード4カ国がサミットを開催

《東欧ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:4】世界100カ国で「梵」が成功した理由

    【Sakeの海外戦略:4】世界100カ国で「梵」が成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  6. 【Sakeの海外戦略:3】中国戦略の鍵はネットとエピソード!

  7. 【Sakeの海外戦略:5】アメリカ人日本酒伝道師の教えとは?

  8. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  9. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  10. 【Sakeの海外戦略:6】アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

アクセスランキングをもっと見る

page top