「難民割り当て案」サミットを開催へ 東欧4カ国 画像 「難民割り当て案」サミットを開催へ 東欧4カ国

海外進出

ハンガリー、ポーランド、チェコ、スロバキアの4カ国が話し合い
ハンガリー、ポーランド、チェコ、スロバキアの東欧4カ国が、難民割り当て案について話し合うサミットを開催する計画が明らかになった。

これらヴィシェグラード4カ国は、9月14日に行われる欧州連合(EU)の特別会議の前に、難民受け入れに対する共通の指針を調整したい考えだ。ドイツn-tvが8月31日、報じた。

サミットは9月4日か6日に行われる予定。

欧州委の難民「割り当て案」に反対
欧州委員会は5月、国の経済力やその他いくつかの要因を考慮した難民受け入れをEU加盟国内で割り当てるという難民・移民対策案を発表。加盟国間で負担を公正に分かち合うことが狙いだ。だが、いくつかの加盟国からは反発が上がっている。

東欧のEU加盟国も反対の意向を示している。なかでも、シリアからの難民の増加を受けて、シリア難民の受け入れに対し、強い反対の声が上がっている。

スロバキアのロベルト・フィツォ首相は、「この馬鹿らしい受け入れ案を支援するつもりはない。ドイツやフランス、スウェーデンなど西欧のEU諸国からの圧力には屈しない。」とコメント。チェコのボフスラフ・ソボトカ首相も「難民の割り当ては間違っている。この案を拒否するつもりだ。」と強調した。

(画像はイメージです)

難民「割り当て案」 ヴィシェグラード4カ国がサミットを開催

《東欧ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集……日系企業拠点も増加

    CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集……日系企業拠点も増加

  4. 健康食品の需要でシンガポールが日本を上回る!年間購入日は2万円以上に

  5. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

  6. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

アクセスランキングをもっと見る

page top