“世界最大のウラン産出国”カザフスタンが「核燃料バンク」設立へ 画像 “世界最大のウラン産出国”カザフスタンが「核燃料バンク」設立へ

海外進出

IAEAと合意
カザフスタンの首都アスタナで27日、国際原子力機関(IAEA)とカザフスタンは、低濃縮ウランの備蓄、供給を行う「核燃料バンク」を設立する合意書に署名を行った。同国北東部のオスケメンに設立し、2年後の稼働を目指す。

安全保障と核不拡散を推進
核燃料バンクには、大都市の電力供給を3年間担うことができる90トンの低濃縮ウランを備蓄し、カザフスタンが運営を行う。市場における低濃縮ウランの供給ルートが万一途絶えた場合に、IAEA加盟国が商業市場に影響しない形で供給を受けることができる。IAEAの管理の下で各国への供給を保証することにより、軍事転用を防いで核拡散を防ぐ効果が期待される。

IAEAの天野事務局長は「世界最大のウラン産出国であり、核の平和的利用の専門家が備わったカザフスタンは、核燃料バンクを設立するのに適した場所だ。」と述べ、カザフスタンのイドリソフ外相との署名式を行ったほか、エネルギー省のシュコルニク大臣と技術協定の合意書を取り交わした。

今回の合意により法的および技術的な枠組みが整ったとみられる。資金面に関しては、民間団体「核脅威イニシアチブ」のほか、米国、EU、アラブ首長国連邦、クウェート、ノルウェー、カザフスタンからの任意の拠出金1億5000万ドルによって賄われ、天野事務局長によれば、設立後10年間の運営が保証されているという。

核燃料バンクの設立は2010年にIAEA理事会により認可され、カザフスタンがホスト国に立候補した2011年以来、様々な交渉が行われてきた。

(画像はニュースリリースより)

カザフスタンに核燃料バンク設立へ

《東欧ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える?

    転換期へ向かうバイク天国ベトナム、インターネットが市場を変える?

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  5. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  8. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  9. 海建協がベトナム建設業協会と都内で意見交換、現地大手と会員の交流を促進

  10. 二輪車・四輪車、タイ、インドネシアの次はベトナム!

アクセスランキングをもっと見る

page top