キリンビバレッジ、工場に体験型設備を導入 見学施設 画像 キリンビバレッジ、工場に体験型設備を導入 見学施設

マネジメント

 キリンビバレッジは東日本の主力工場である湘南工場(神奈川県寒川町)で、1日から見学施設を大幅に充実する。ペットボトルの製造工程を目の前で見られる「ブロー成形機」、ラベル張り工程を可視化した「蒸気トンネル」、印字機などの体験型設備を導入。平日に加え土・日・祝日も見学を受け付ける。一足先に見学施設を立ち上げた西日本の滋賀工場は「関西で一番の人気見学施設」(中川学執行役員湘南工場長)となっており、湘南工場も年間1万5000人の来場を目指す。

 体験型設備は約5000万円を投じて導入。湘南工場は「午後の紅茶」「生茶」「世界のKitchenからソルティライチ」などの大型、小型ペットボトル製品を生産し、自前のプリフォーム生産ラインも3本持つ。

 体験型設備ではプリフォームからペットボトルの製造などを体験してもらい、モノづくりへの理解や商品PRにつなげる。見学コースでは「午後の紅茶」の製法や産地などを紹介する。同工場では「猛暑効果で7月まで売り上げは4カ月連続2ケタ増」(中川工場長)という。

キリンビバレッジ、湘南工場に体験型設備を導入!ペットボトル製造体験など

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

    相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  2. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

    就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  3. YKKAPの堀秀充社長、樹脂窓生産ラインの増設検討

    YKKAPの堀秀充社長、樹脂窓生産ラインの増設検討

  4. 【中小企業の『経営論』】第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

  5. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

  6. 本日の新聞から:スズキ鈴木修会長が語る「モノづくりの気概」

  7. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  8. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

  9. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  10. 女性社員を“コア人材”に!各社が取り組む「女性活躍推進」の現状

アクセスランキングをもっと見る

page top