生ごみと野菜を交換…「やさいクル」事業 山形市 画像 生ごみと野菜を交換…「やさいクル」事業 山形市

インバウンド・地域活性

 家庭の生ごみを乾燥させて直売所の野菜と交換する山形市の「やさいクル」事業から、加工品が次々と生まれている。集めた乾燥生ごみは堆肥として畑に戻し、トウガラシなどを作る。それを原料にして「ゆずこしょう」「ゆずこしょうドレッシング」などの加工品が生まれ、市内直売所に並ぶという仕組みだ。生ごみを資源として有効に活用する、循環の輪が少しずつ広がっている。
・堆肥化しトウガラシ栽培

 事業は2012年にスタート。電気乾燥式生ごみ処理機で乾燥させた生ごみを、JAやまがたの「おいしさ直売所」3店などに持ち込めば1キロにつき1ポイントがもらえ、5ポイントで500円相当の野菜や加工品と交換できる。

 集まった乾燥生ごみは、知的障害を持つ人の就労を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)山形自立支援創造事業舎が回収。土と混ぜて2週間ほど寝かせた後、3農場の堆肥に活用し、各種野菜を作る。

・「ゆずこしょう」やドレッシング誕生 人気に

 メーンはトウガラシで、これまでに大分県産ユズと合わせた「ゆずこしょう 赤・青」(年間8000本生産)、「ゆずこしょう蔵王プレミアム」(同500本)を製品化した。今年は県産ユズを調達する道が開け、県内産を主原料とした商品を88本製造、来年は3000本を生産する。商品は直売所の他、山形名物「玉こん」を移動販売する同法人の「みちのく屋台」でも販売する。

 人気は上々だ。市内のレストランシェフ監修で製造した「ゆずこしょうドレッシング」は完売した。今後、ゆずこしょうを使ったラスクやギョーザ、さらにニンニクを使ったガーリックオイル、焼き肉のたれを開発する計画だ。

 加工に向かない野菜はリヤカーで引き売りする。同法人の齋藤淳代表は「市民に生ごみの減量を楽しんでもらうため、加工品の数を増やし、使い方もアピールしたい。じわじわと“やさいクルブランド”を定着させたい」と意気込む。

 生ごみ利用を促すため、市も3万円を上限に乾燥機購入を支援する。既に約2000機が普及し、回収した生ごみは12年の月平均71キロから、14年には138キロに増えた。今年も「前年を上回る」(同市ごみ減量推進課)見込みだ。

 JA直売所も、乾燥生ごみを収納するボックスを設置する。「おいしさ直売所 紅の蔵店」の斎藤恭宏店長は「乾燥生ごみを持ち込むことで店の常連になってくれる。ここから地産地消の循環が広がるのを期待したい」と官民挙げて資源の有効活用を後押しする。(辻公三)

地域循環で加工品次々と 乾燥生ごみ ⇔ 直売所野菜 山形市の事業「やさいクル」

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 富裕層インバウンドの法則その5

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 熊本地震の復興加速へ、国交省が施工確保対策を実施。歩掛かり補正、間接費割り増し

アクセスランキングをもっと見る

page top