「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析 画像 「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析

IT業務効率

データインテリジェンスセンターを新設
株式会社電通国際情報サービス(ISID)、はデータサイエンス専門組織「データインテリジェンスセンター」を新設した。

子会社のISI-Dentsu South East Asia Pte.Ltd.により今回立ち上げた「データインテリジェンスセンター」は、東南アジアおよび周辺地域の高度なデータ解析を行うもの。

ウェブサイトやソーシャルメディアのデータをもとに、市場環境を熟知するデータサイエンス専門組織がマーケティングに特化して分析。

製品開発や販売促進、リスクマネジメントなどに活用できる、コンサルティングサービスを提供していく。

専門チームの特性
専任メンバーをシンガポール、タイ、インドネシアに配置、ISIDグループ拠点との連携も計りながら、成果を上げていく、としている。

この組織は、データサイエンスやマーケティング分野の修士・博士号を取得し、かつ政府系IT企業等での経験も豊富なデータサイエンティストが中心となり、構成されている。

センター設置に先駆けた、東南アジア諸国における、日系企業向けに特化したマーケティングプラットフォーム構築においても、高い評価を得ている。

大いなる助っ人に
ビッグデータの収集・解析による、地域特性、正確な市場環境の把握は、この地域への進出企業にとって、とても有意義なこととなる。

グローバルなデジタルマーケティングサービスの提供により、
より的確に、企業活動が行える。

「データインテリジェンスセンター」は、製品開発やリスクマネジメントなどの大いなる助っ人になることだろう。

(画像はプレスリリースより)

ビッグデータ解析、有効活用の強力な助っ人に

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!7  “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

    サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

  2. AR応用し水中作業をリアルタイムで可視化、東亜建設工業が開発

    AR応用し水中作業をリアルタイムで可視化、東亜建設工業が開発

  3. NIPPOがホイールローダー自動停止システム開発、ステレオカメラで障害物に対応

    NIPPOがホイールローダー自動停止システム開発、ステレオカメラで障害物に対応

  4. セイコーインスツルの車載用ウォッチドッグタイマーーウィンドウモードで早すぎも検知

  5. ドローンで建設現場の3Dモデル化、短時間で広範囲カバー!

  6. ドローンビジネス、大手×ベンチャーで本格化!

  7. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  8. Appleの教育アプリ「Swift Playgrounds」、ロボットやドローンにも対応

  9. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  10. 「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top