「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析 画像 「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析

IT業務効率

データインテリジェンスセンターを新設
株式会社電通国際情報サービス(ISID)、はデータサイエンス専門組織「データインテリジェンスセンター」を新設した。

子会社のISI-Dentsu South East Asia Pte.Ltd.により今回立ち上げた「データインテリジェンスセンター」は、東南アジアおよび周辺地域の高度なデータ解析を行うもの。

ウェブサイトやソーシャルメディアのデータをもとに、市場環境を熟知するデータサイエンス専門組織がマーケティングに特化して分析。

製品開発や販売促進、リスクマネジメントなどに活用できる、コンサルティングサービスを提供していく。

専門チームの特性
専任メンバーをシンガポール、タイ、インドネシアに配置、ISIDグループ拠点との連携も計りながら、成果を上げていく、としている。

この組織は、データサイエンスやマーケティング分野の修士・博士号を取得し、かつ政府系IT企業等での経験も豊富なデータサイエンティストが中心となり、構成されている。

センター設置に先駆けた、東南アジア諸国における、日系企業向けに特化したマーケティングプラットフォーム構築においても、高い評価を得ている。

大いなる助っ人に
ビッグデータの収集・解析による、地域特性、正確な市場環境の把握は、この地域への進出企業にとって、とても有意義なこととなる。

グローバルなデジタルマーケティングサービスの提供により、
より的確に、企業活動が行える。

「データインテリジェンスセンター」は、製品開発やリスクマネジメントなどの大いなる助っ人になることだろう。

(画像はプレスリリースより)

ビッグデータ解析、有効活用の強力な助っ人に

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

    サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  3. 阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

    阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

  4. ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

  5. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  6. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  7. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  9. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  10. 新潟県「AI・IoT活用研究会」、生産性向上技術の導入を

アクセスランキングをもっと見る

page top