「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析 画像 「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析

IT業務効率

データインテリジェンスセンターを新設
株式会社電通国際情報サービス(ISID)、はデータサイエンス専門組織「データインテリジェンスセンター」を新設した。

子会社のISI-Dentsu South East Asia Pte.Ltd.により今回立ち上げた「データインテリジェンスセンター」は、東南アジアおよび周辺地域の高度なデータ解析を行うもの。

ウェブサイトやソーシャルメディアのデータをもとに、市場環境を熟知するデータサイエンス専門組織がマーケティングに特化して分析。

製品開発や販売促進、リスクマネジメントなどに活用できる、コンサルティングサービスを提供していく。

専門チームの特性
専任メンバーをシンガポール、タイ、インドネシアに配置、ISIDグループ拠点との連携も計りながら、成果を上げていく、としている。

この組織は、データサイエンスやマーケティング分野の修士・博士号を取得し、かつ政府系IT企業等での経験も豊富なデータサイエンティストが中心となり、構成されている。

センター設置に先駆けた、東南アジア諸国における、日系企業向けに特化したマーケティングプラットフォーム構築においても、高い評価を得ている。

大いなる助っ人に
ビッグデータの収集・解析による、地域特性、正確な市場環境の把握は、この地域への進出企業にとって、とても有意義なこととなる。

グローバルなデジタルマーケティングサービスの提供により、
より的確に、企業活動が行える。

「データインテリジェンスセンター」は、製品開発やリスクマネジメントなどの大いなる助っ人になることだろう。

(画像はプレスリリースより)

ビッグデータ解析、有効活用の強力な助っ人に

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

    道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  3. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

    熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

  4. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  5. お米を一緒にお届け。“ついで買い”で需要喚起

  6. ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

  7. LINE@にポイントカード機能…利用者データ分析なども

  8. 地域住民助け合いによる乗合送迎マッチングを実証実験へ/伊達市

  9. 音に関する問題解決へ! 技研音響実験棟の運用開始

  10. 配車アプリ「らくらくタクシー」、iPhone に加え集合住宅のアイホンからも利用可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top