三井石油開発、ミャンマーで陸上鉱区の権益を取得 画像 三井石油開発、ミャンマーで陸上鉱区の権益を取得

海外進出

ミャンマーにおいて、合計6鉱区に参画
三井石油開発は8月31日、タイ国営石油開発会社の100%子会社、PTTEP South Asia Limitedより、ミャンマー陸上PSC-G鉱区及びEP-2鉱区の権益を取得したと発表した。三井石油開発の権益比率は、両鉱区とも10%ずつとなっている。

同社は、東南アジアを重点的なエリアとして位置づけている。ミャンマーにおいては今年2月、海上鉱区のAD-9、AD-11及びMD-5鉱区の3鉱区において、それぞれ10%の権益を獲得している。今回の権益取得を合わせ、同社は同国において合計6鉱区に参画している。

海外事業所は東南アジアのほかに、ノルウェーにも
同社は、1969年に三井グループの17社により設立された。東南アジアが重点エリアであることから、海外事業所をタイ、インドネシア、ベトナムに構えるほか、北海油田を有する北欧のノルウェーにも構えている。

同社は、東南アジアをはじめとしてグローバルな探鉱活動を行い、優良な資産を獲得することによって、さらなる成長を目指していく方針だ。

三井石油開発 ミャンマーで陸上鉱区の権益を取得

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. Youは何買いに日本へ? 輸出EXPOで聞きました/圧倒的な人気はこれでした

    Youは何買いに日本へ? 輸出EXPOで聞きました/圧倒的な人気はこれでした

  3. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  4. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

  5. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  6. 日本精機の現地子会社がアウディからヘッドアップディスプレイを受注

  7. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  8. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  9. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  10. ミャンマー観光への外国からの投資は約30億ドル、さらにアピール

アクセスランキングをもっと見る

page top