ミャンマー政府、フェイスブックと協力し選挙に関わる投稿を制限 画像 ミャンマー政府、フェイスブックと協力し選挙に関わる投稿を制限

海外進出

暴動につながる不正確な情報拡散を防止

11月8日の選挙を前に、ミャンマー政府はフェイスブックと協力し、選挙に関わる暴動などをあおるような投稿を削除していくことを決めた。8月25日、この活動について、CHANNEL NEWS ASIAが報じた。

モバイルフォンの普及により、ミャンマーではフェイスブックユーザーが急増している。当局は、来月からスタートする選挙運動を前に、ユーザーが不正確な情報を流して選挙を妨害することを懸念し、フェイスブックに協力を求めた。

情報省大臣のYe Htut氏は、
フェイスブックに協力を求めるのは初めてのことだ。私たちは自由な情報提供を否定するわけではないが、ヘイトスピーチや集団暴力の発生を防ぐため、このような活動を行う。(CHANNEL NEWS ASIAより)

と述べている。

500万人のフェイスブックユーザー 追跡は不可能

この活動が実行されれば、ユーザーからの反発が予想される。ミャンマーICT開発機構のプログラムマネージャーは、
削除するべき投稿を誰が、どのように選別するのかが問題だ。フェイスブックで選挙に関するうわさが投稿された場合、私たちはそれが事実かどうか調査した後、正確な情報として国民に公開する。(CHANNEL NEWS ASIAより)

と述べている。

2014年、テレノールとオーレドーの参入以来、ミャンマーのフェイスブックユーザーはおよそ500万人と言われている。

CHANNEL NEWS ASIAは、
投稿を追跡し、完全にコントロールすることは不可能だ。(CHANNEL NEWS ASIAより)

と締めくくった。

(画像:CHANNEL NEWS ASIAより)
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

  5. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  6. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  7. 現地拠点効率化で輸出拡大、自民・骨太方針策定PT

  8. マレーシア航空、同社に似せた懸賞詐欺サイトへ注意喚起

  9. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  10. フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top