アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈 画像 アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

マネジメント

アイシン精機は9月1日、創立50周年記念事業の一環として、地域の官公庁やNPO団体などに車両や自社製品の寄贈すると発表した。

アイシン精機は、1965年に「愛知工業」と「新川工業」が合併し、総合自動車部品メーカーとして誕生。以来、自動車部品やミシンを含む住生活関連商品、エネルギー関連商品など、事業拡大を進めてきた。

今回、創立50周年事業として、刈谷・安城・西尾・半田など、アイシン精機の生産工場などがある13市町村の官公庁に、車両や家庭用ミシン、約4200万円相当を寄贈。地域NPO12団体などに農業用機材や事務機器などを約500万円相当を寄贈する。

また、同社の歴史を伝承する事業として、展示館「コムセンター」を9月1日にリニューアルオープン。「アイシン50年史」を2016年1月に刊行する。さらにアイシングループの「スローガン」「シンボルマーク」「ロゴ」を新たに策定したほか、グループの一体感醸成を目的とした、グループ社員によるイベントも開催する。

アイシン精機、4200万円相当の自社製品を自治体に寄贈…創立50周年記念事業

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 建設業、15年4~12月期は民間工事が18年ぶり7兆円台に

    建設業、15年4~12月期は民間工事が18年ぶり7兆円台に

  2. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  3. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

    東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  4. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  5. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

アクセスランキングをもっと見る

page top