アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈 画像 アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

マネジメント

アイシン精機は9月1日、創立50周年記念事業の一環として、地域の官公庁やNPO団体などに車両や自社製品の寄贈すると発表した。

アイシン精機は、1965年に「愛知工業」と「新川工業」が合併し、総合自動車部品メーカーとして誕生。以来、自動車部品やミシンを含む住生活関連商品、エネルギー関連商品など、事業拡大を進めてきた。

今回、創立50周年事業として、刈谷・安城・西尾・半田など、アイシン精機の生産工場などがある13市町村の官公庁に、車両や家庭用ミシン、約4200万円相当を寄贈。地域NPO12団体などに農業用機材や事務機器などを約500万円相当を寄贈する。

また、同社の歴史を伝承する事業として、展示館「コムセンター」を9月1日にリニューアルオープン。「アイシン50年史」を2016年1月に刊行する。さらにアイシングループの「スローガン」「シンボルマーク」「ロゴ」を新たに策定したほか、グループの一体感醸成を目的とした、グループ社員によるイベントも開催する。

アイシン精機、4200万円相当の自社製品を自治体に寄贈…創立50周年記念事業

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

    もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  2. ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

    ブラックに注目しない、次世代に残すべきホワイト企業を表彰

  3. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

    島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  4. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  5. お米小売りは値下げより「増量」――店頭でちょい足しが人気

  6. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  7. 人手不足を解消! 建築業界向け「国際プロジェクト・プロパック」

  8. 新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

  9. 日本のユニコーン「メルカリ」の快進撃はいつまで続くのか

  10. 新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

アクセスランキングをもっと見る

page top