アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈 画像 アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

マネジメント

アイシン精機は9月1日、創立50周年記念事業の一環として、地域の官公庁やNPO団体などに車両や自社製品の寄贈すると発表した。

アイシン精機は、1965年に「愛知工業」と「新川工業」が合併し、総合自動車部品メーカーとして誕生。以来、自動車部品やミシンを含む住生活関連商品、エネルギー関連商品など、事業拡大を進めてきた。

今回、創立50周年事業として、刈谷・安城・西尾・半田など、アイシン精機の生産工場などがある13市町村の官公庁に、車両や家庭用ミシン、約4200万円相当を寄贈。地域NPO12団体などに農業用機材や事務機器などを約500万円相当を寄贈する。

また、同社の歴史を伝承する事業として、展示館「コムセンター」を9月1日にリニューアルオープン。「アイシン50年史」を2016年1月に刊行する。さらにアイシングループの「スローガン」「シンボルマーク」「ロゴ」を新たに策定したほか、グループの一体感醸成を目的とした、グループ社員によるイベントも開催する。

アイシン精機、4200万円相当の自社製品を自治体に寄贈…創立50周年記念事業

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

    乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  2. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

    官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

  3. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

    下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  4. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  5. 帰宅困難時の企業対策、ほぼ進展なし…東商アンケート

  6. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  7. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top