アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈 画像 アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

マネジメント

アイシン精機は9月1日、創立50周年記念事業の一環として、地域の官公庁やNPO団体などに車両や自社製品の寄贈すると発表した。

アイシン精機は、1965年に「愛知工業」と「新川工業」が合併し、総合自動車部品メーカーとして誕生。以来、自動車部品やミシンを含む住生活関連商品、エネルギー関連商品など、事業拡大を進めてきた。

今回、創立50周年事業として、刈谷・安城・西尾・半田など、アイシン精機の生産工場などがある13市町村の官公庁に、車両や家庭用ミシン、約4200万円相当を寄贈。地域NPO12団体などに農業用機材や事務機器などを約500万円相当を寄贈する。

また、同社の歴史を伝承する事業として、展示館「コムセンター」を9月1日にリニューアルオープン。「アイシン50年史」を2016年1月に刊行する。さらにアイシングループの「スローガン」「シンボルマーク」「ロゴ」を新たに策定したほか、グループの一体感醸成を目的とした、グループ社員によるイベントも開催する。

アイシン精機、4200万円相当の自社製品を自治体に寄贈…創立50周年記念事業

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【解決! 社長の悩み相談センター】第17回:会社の登記手続きの方法は?

    【解決! 社長の悩み相談センター】第17回:会社の登記手続きの方法は?

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  4. 小学校授業に起業家養成プログラム……板橋区産業振興課と教育委員会が連携

  5. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  6. 自動車パーツのオンライン販売広がる……新興市場で成長加速とフロスト&サリバン

  7. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  8. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  9. 佐藤工業、宮本雅文代表取締役専務の社長昇格を発表

  10. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

アクセスランキングをもっと見る

page top