プライバシーを守る眼鏡…顔認識を防ぐ 画像 プライバシーを守る眼鏡…顔認識を防ぐ

IT業務効率

 国立情報学研究所の越前功教授らは、カメラなどによる顔認識を防ぎ、プライバシーを保護する眼鏡型装着具「プライバシーバイザー」を開発した。眼鏡資材販売を手がけるニッセイ(福井県鯖江市、白崎武健社長、0778・52・5615)と協力し、プライバシーを守る眼鏡として商品化する。

 プライバシーバイザーは、他人の携帯電話のカメラなどで撮影され、本人が意図せずに偶然写り込んだ写真が参加交流型サイト(SNS)などに投稿されるのを防ぐ装着具。このような写真がSNSに公開されると、「誰がいつどこにいたか」という個人情報が、不特定多数に流出する恐れがある。

 顔面に明暗をつくる可視光を反射・吸収する素材をバイザーに貼付。目の周りの明暗の特徴をなくし、カメラによる顔検出を行いにくくする。眼鏡のように装着するだけでよく、顔を隠したりする従来法に対して、視覚やコミュニケーションに影響を与えない。

 ニッセイの強みであるチタンを使ったフレームを採用。軽く高強度であるチタンの特性を生かし、普通の眼鏡に比べて湾曲を強くして作り込んだ。

カメラの顔認識防ぐプライバシー保護眼鏡―SNS公開防ぐ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

    全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  3. ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

    ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

  4. 3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作!

  5. ガードが甘い中小が狙われる! マイナンバー前に情報管理を見直し

  6. 建設業界、3Dプリンターで市場開拓へ虎視眈々!

  7. 低炭素型コンクリ、国内で初めて現場打設に成功

  8. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  10. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

アクセスランキングをもっと見る

page top