プライバシーを守る眼鏡…顔認識を防ぐ 画像 プライバシーを守る眼鏡…顔認識を防ぐ

IT業務効率

 国立情報学研究所の越前功教授らは、カメラなどによる顔認識を防ぎ、プライバシーを保護する眼鏡型装着具「プライバシーバイザー」を開発した。眼鏡資材販売を手がけるニッセイ(福井県鯖江市、白崎武健社長、0778・52・5615)と協力し、プライバシーを守る眼鏡として商品化する。

 プライバシーバイザーは、他人の携帯電話のカメラなどで撮影され、本人が意図せずに偶然写り込んだ写真が参加交流型サイト(SNS)などに投稿されるのを防ぐ装着具。このような写真がSNSに公開されると、「誰がいつどこにいたか」という個人情報が、不特定多数に流出する恐れがある。

 顔面に明暗をつくる可視光を反射・吸収する素材をバイザーに貼付。目の周りの明暗の特徴をなくし、カメラによる顔検出を行いにくくする。眼鏡のように装着するだけでよく、顔を隠したりする従来法に対して、視覚やコミュニケーションに影響を与えない。

 ニッセイの強みであるチタンを使ったフレームを採用。軽く高強度であるチタンの特性を生かし、普通の眼鏡に比べて湾曲を強くして作り込んだ。

カメラの顔認識防ぐプライバシー保護眼鏡―SNS公開防ぐ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  2. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  3. VRによる未来のコミュニケーションとは?

    VRによる未来のコミュニケーションとは?

  4. ウェブサイト「アグミル」、農業用資材価格を「見える化」

  5. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

アクセスランキングをもっと見る

page top