不動産事業者向けソーシャルリスク対策サービスがスタート 画像 不動産事業者向けソーシャルリスク対策サービスがスタート

制度・ビジネスチャンス

 不動産業界において風評がダイレクトに販売活動や仕入活動に影響を与えるソーシャルメディアを中心に、インターネット上のリスクを分析し、課題解決を図る「不動産事業者向けソーシャルリスク対策サービス」が開始される。

 「不動産事業者向けソーシャルリスク分析」「検索エンジン評判対策」「ソーシャルリスクモニタリング」といった内容を提供する同サービス。“企業毎のリスクを類型化”した上で、リスクレベルや改善ポイントについてコンサルティングを行うという。

 サービス提供の背景として提供元のエルテスでは、「住宅情報に関して掲示板に書かれている内容が、あなたの不動産購入の際の意思決定に影響を与えると思いますか?」という内容で独自のアンケートを実施。結果として11.58%が「大いに与える」、57.87%が「相当程度与える」と回答している。

 不動産事業者がネットでのリスクを回避するための同サービス。ネットでの風評被害が社会問題化している現在、多くのニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

    ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. 【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

    【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  5. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  6. サドルかけるだけの駐輪スタンド、“ロード”利用者受け入れにも

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  9. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  10. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

アクセスランキングをもっと見る

page top