暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進 画像 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

マネジメント

 国土交通省は1日、4車線化を前提に暫定的に2車線で先行開通している高速道路の整備計画について、4車線化時に必要だった変更手続きを不要にすることを決めた。早期の4車線化を促進し、対向車との衝突リスクを減らすほか、災害時や積雪時の十分な走行空間の確保を図る。計画の変更手続きをなくすことを定める高速自動車国道法に基づく改正施行令(政令)・施行規則(省令)を10月上旬に施行する。
 4車線化での整備計画がある全国の高速道路ネットワーク(総延長8628キロ)のうち、暫定的に2車線で先行開通しているのは約3割の2393キロ。東日本大震災で事故を起こした福島第1原発近くを通る常磐道などが2車線で暫定開通している。
 国交省によると、高速道路の暫定2車線区間を4車線に広げる整備を行う際には、国交相が決定しているもともとの整備計画を、国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)を経てから変更する必要がある。今回の政令・省令改正では、長い時間や手間がかかるこの手続きをなくし、平時・緊急時双方の安全や走行機能を高める4車線化を急ぐことにした。国交省は、今回の政令・省令改正案への一般からの意見募集を今月30日まで受け付ける。

国交省/暫定2車線の高速道4車線化促進/整備計画変更手続き省略へ、意見募集

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

    国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  3. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

    「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  4. 大和証券がミャンマーで「証券会社免許」を取得

  5. 国内初となる建築関係者向け「業界特化型専門家サイト」がオープン

  6. 東京都建設局、週休2日モデル工事でQ&A作成、工事成績での加点も検討

  7. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  8. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  9. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  10. 農業参入企業7割が「農地はリースで十分」…所有は経営リスク

アクセスランキングをもっと見る

page top