ロボット・半導体技術を統合組織で開発加速……福岡県 画像 ロボット・半導体技術を統合組織で開発加速……福岡県

インバウンド・地域活性

 福岡県は産学官組織の「福岡先端システムLSI開発拠点推進会議」と「ロボット産業振興会議」を統合して「福岡県ロボット・システム産業振興会議(仮称)」を発足する。半導体とロボットの技術を組み合わせた製品開発を加速するのが目的。当面は医療福祉、エネルギーマネジメントシステム、食品・農業の3分野での成果を目標とし開発支援に取り組む。  9月2日に統合総会を開き、正式に決める。会長には、両会議で会長を務める安川電機の津田純嗣会長兼社長が就任。役員は九州大学、九州工業大学、早稲田大学、文部科学省、九州経済産業局などからのメンバーで構成する。事務局は福岡県、北九州市、福岡市が共同で務める。具体的事業は、会員企業の10人程度と大学の5人程度からなる企画運営委員会で決める。 「福岡先端システムLSI開発拠点推進会議」は2001年設立。研究開発支援や人材育成、ベンチャー支援に取り組み、産業集積を図ってきた。会員は309社、大学関係者53人、支援機関など17機関、行政5機関。 「ロボット産業振興会議」は03年設立。研究開発や市場開拓支援を進め、情報発信に力を入れている。会員は243社、大学関係などの100人・11団体、研究・支援の12機関、個人28人、行政4機関。 統合総会は9月2日13時30分から福岡市博多区のANAクラウンプラザホテルで開く。続いて同会場で14時20分から行う講演会は会員以外も参加できる。

福岡のロボ・半導体の産学官組織が統合!会長は安川電機の津田社長

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 農地転用許可の権限などを地方自治体へ移譲……より実情に合った転用目指す

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top