圏央道・神埼IC~大栄JCT開通1か月、国交省がストック効果調査を発表 画像 圏央道・神埼IC~大栄JCT開通1か月、国交省がストック効果調査を発表

インバウンド・地域活性

国土交通省は、圏央道の開通によって都心経由の交通の割合が6割から2割に減少し、観光や企業活動が活性化するなど、ストック効果が発現するとの見通しを発表した。

圏央道・神埼IC~大栄JCTの開通1か月後のストック効果の調査で明らかになった。

それによるとつくばJCT~宮野木JCT間を移動する広域交通では、都心経由から圏央道経由への経路転換が図られ、都心経由の交通の割合が約6割から約2割に減少した。都心を経由するより、圏央道を経由した方が約34分短縮されるためだ。

また、圏央道の開通により、成田空港からつくば市の所要時間が約83分から約60分に短縮され、沿線企業で輸送時間の短縮が実感されているとしている。

沿線観光施設では、近隣商業施設と連携し、圏央道を利用した広範囲の集客キャンペーンを実施しているほか、沿線ゴルフ場では、一般道を利用するルートから、最寄りのICまで圏央道を利用することが可能となり、アクセス性が向上した。

このほか、開通区間に並行する国道408号では、圏央道の交通量が減少、周辺道路の渋滞が緩和している。国道408号・土屋交差点の交通量が6%減、角崎交差点が19%減、稲敷市上君山断面で16%減となっている。

圏央道・神埼IC~大栄JCT開通1か月、都心経由が4割減少

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  2. 富裕層インバウンドの法則その1

    富裕層インバウンドの法則その1

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】家事のイライラを解消!…6万個以上売れた洗濯バサミ

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top