圏央道・神埼IC~大栄JCT開通1か月、国交省がストック効果調査を発表 画像 圏央道・神埼IC~大栄JCT開通1か月、国交省がストック効果調査を発表

インバウンド・地域活性

国土交通省は、圏央道の開通によって都心経由の交通の割合が6割から2割に減少し、観光や企業活動が活性化するなど、ストック効果が発現するとの見通しを発表した。

圏央道・神埼IC~大栄JCTの開通1か月後のストック効果の調査で明らかになった。

それによるとつくばJCT~宮野木JCT間を移動する広域交通では、都心経由から圏央道経由への経路転換が図られ、都心経由の交通の割合が約6割から約2割に減少した。都心を経由するより、圏央道を経由した方が約34分短縮されるためだ。

また、圏央道の開通により、成田空港からつくば市の所要時間が約83分から約60分に短縮され、沿線企業で輸送時間の短縮が実感されているとしている。

沿線観光施設では、近隣商業施設と連携し、圏央道を利用した広範囲の集客キャンペーンを実施しているほか、沿線ゴルフ場では、一般道を利用するルートから、最寄りのICまで圏央道を利用することが可能となり、アクセス性が向上した。

このほか、開通区間に並行する国道408号では、圏央道の交通量が減少、周辺道路の渋滞が緩和している。国道408号・土屋交差点の交通量が6%減、角崎交差点が19%減、稲敷市上君山断面で16%減となっている。

圏央道・神埼IC~大栄JCT開通1か月、都心経由が4割減少

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  6. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top