被災地の農漁業者の石巻ワカメ×新潟コシの防災食を発売 画像 被災地の農漁業者の石巻ワカメ×新潟コシの防災食を発売

インバウンド・地域活性

 新潟県長岡市の米農家でつくる(有)エコ・ライス新潟が「防災の日」の1日、県産米「コシヒカリ」と宮城県石巻市のワカメを使った防災食を発売する。両市とも新潟県中越地震(2004年)、東日本大震災(11年)の被災地であり、「災害に備えてほしい」との思いを込めたコラボ商品。同社は、復興を目指す東北の漁業者を応援したいという。発売するのは、石巻市の漁業者の名前を取って「石巻漁師 勝太のわかめご飯」。お湯や水をかけると食べられるアルファ米で、同社が生産した新潟・一般「コシヒカリ」を使っている。災害時にさまざまな人が食べられるよう、アレルギーの原因となる「特定原材料」27品目を使っていないのも特徴だ。 価格は1袋(50グラム)当たり260円(税別)。5年間保存できる。スーパーやインターネット通販で初年度は5万食の販売を目指す。10月以降の製造分には15年産米を使う予定だ。 商品化を担当した同社の豊永有さんは「震災を乗り越えた1次産業従事者でタッグを組んでやることに意義がある。防災食としてだけでなく、震災から立ち直りつつある東北の漁業者の支援に役立ってほしい」とアピールする。

石巻ワカメ×新潟コシ 防災食を発売 被災地の農漁業者

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  3. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

    「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  6. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  7. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top