被災地の農漁業者の石巻ワカメ×新潟コシの防災食を発売 画像 被災地の農漁業者の石巻ワカメ×新潟コシの防災食を発売

インバウンド・地域活性

 新潟県長岡市の米農家でつくる(有)エコ・ライス新潟が「防災の日」の1日、県産米「コシヒカリ」と宮城県石巻市のワカメを使った防災食を発売する。両市とも新潟県中越地震(2004年)、東日本大震災(11年)の被災地であり、「災害に備えてほしい」との思いを込めたコラボ商品。同社は、復興を目指す東北の漁業者を応援したいという。発売するのは、石巻市の漁業者の名前を取って「石巻漁師 勝太のわかめご飯」。お湯や水をかけると食べられるアルファ米で、同社が生産した新潟・一般「コシヒカリ」を使っている。災害時にさまざまな人が食べられるよう、アレルギーの原因となる「特定原材料」27品目を使っていないのも特徴だ。 価格は1袋(50グラム)当たり260円(税別)。5年間保存できる。スーパーやインターネット通販で初年度は5万食の販売を目指す。10月以降の製造分には15年産米を使う予定だ。 商品化を担当した同社の豊永有さんは「震災を乗り越えた1次産業従事者でタッグを組んでやることに意義がある。防災食としてだけでなく、震災から立ち直りつつある東北の漁業者の支援に役立ってほしい」とアピールする。

石巻ワカメ×新潟コシ 防災食を発売 被災地の農漁業者

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  4. ファッションアイテムとして定着……国内メガネ市場、4年連続でプラス成長

  5. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  6. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  7. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  8. 豪華寝台列車(クルーズトレイン)「TRAN SUITE 四季島」のテーマ曲が決定!

  9. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top