常温、冷蔵、冷凍まとめます! 国分が「3温度帯化」の物流センター 画像 常温、冷蔵、冷凍まとめます! 国分が「3温度帯化」の物流センター

インバウンド・地域活性

 国分は茨城県石岡市に3温度帯に対応した「茨城総合センター」を開設した。同社は全国で物流センターを再編しており、従来の常温、低温、温度帯別に分かれていたセンターを集約する方針。3温度帯商品の一括納品で取引先の作業効率や利便性の向上を図る。すでに東京・板橋に東京23区内としては初の3温度帯の物流センターを開設した。今後は仙台や西東京にも同じようなセンターを開設する計画だ。 国分は「卸の機能を強化するためには物流に力を入れなければならない」(国分勘兵衛会長兼社長)として、全国に3温度帯の商品を一括して配送できる総合センター構想を打ち出し、今年から本格的に整備に着手した。 国分は全国に約230拠点の物流センター(2015年12月末現在)を持つ。ただ、ほとんどが常温、冷蔵、冷凍の温度帯別に分かれている。これを再編し、中長期的に地域の核として3温度帯の商品を一括配送できる総合センターを配置。それにサテライト型のセンターを張り付ける計画だ。 すでに首都圏での整備は始まっている。2月には東京・板橋に総合センターを開設。今回の茨城総合センターは首都圏で2カ所目となる。さらに11月には東北地方の核となる宮城・仙台総合センター、16年1月には西東京総合センターの開設が決まっている。中長期的には中部、西日本、九州地区でも同様に整備を進める。 ネット通販市場の急拡大で、卸にとっては物流や情報の機能充実が課題となっている。商品の一括配送で店舗作業の効率化に貢献したり、迅速な納入で取引先の販売機会の損失を減らしたりするには、3温度帯の食品を一括して取り扱う拠点の拡充が必要。国分はセンターの再編で一段と地域に密着して取引先への利便性向上を図る方針だ。 【茨城総合センター】 茨城県内にある常温二つ、低温二つの計四つのセンターを統合して建設した。ワンフロア約2万平方メートルで、常温エリアが1万3358平方メートル、冷蔵エリアが3125平方メートル、冷凍エリアが1767平方メートルと3温度帯に対応した構成。接車バースは常温が61基、冷凍などが大型10基、通常が26基ある。取り扱いカテゴリーは加工食品、酒類、チルド食品、冷凍食品、デリカ、冷菓、菓子など。茨城を中心に千葉、栃木、福島の各県をカバーする。

常温、冷蔵、冷凍まとめます!国分が「3温度帯化」の物流センター

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  9. 富裕層インバウンドの法則その5

  10. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

アクセスランキングをもっと見る

page top