常温、冷蔵、冷凍まとめます! 国分が「3温度帯化」の物流センター 画像 常温、冷蔵、冷凍まとめます! 国分が「3温度帯化」の物流センター

インバウンド・地域活性

 国分は茨城県石岡市に3温度帯に対応した「茨城総合センター」を開設した。同社は全国で物流センターを再編しており、従来の常温、低温、温度帯別に分かれていたセンターを集約する方針。3温度帯商品の一括納品で取引先の作業効率や利便性の向上を図る。すでに東京・板橋に東京23区内としては初の3温度帯の物流センターを開設した。今後は仙台や西東京にも同じようなセンターを開設する計画だ。 国分は「卸の機能を強化するためには物流に力を入れなければならない」(国分勘兵衛会長兼社長)として、全国に3温度帯の商品を一括して配送できる総合センター構想を打ち出し、今年から本格的に整備に着手した。 国分は全国に約230拠点の物流センター(2015年12月末現在)を持つ。ただ、ほとんどが常温、冷蔵、冷凍の温度帯別に分かれている。これを再編し、中長期的に地域の核として3温度帯の商品を一括配送できる総合センターを配置。それにサテライト型のセンターを張り付ける計画だ。 すでに首都圏での整備は始まっている。2月には東京・板橋に総合センターを開設。今回の茨城総合センターは首都圏で2カ所目となる。さらに11月には東北地方の核となる宮城・仙台総合センター、16年1月には西東京総合センターの開設が決まっている。中長期的には中部、西日本、九州地区でも同様に整備を進める。 ネット通販市場の急拡大で、卸にとっては物流や情報の機能充実が課題となっている。商品の一括配送で店舗作業の効率化に貢献したり、迅速な納入で取引先の販売機会の損失を減らしたりするには、3温度帯の食品を一括して取り扱う拠点の拡充が必要。国分はセンターの再編で一段と地域に密着して取引先への利便性向上を図る方針だ。 【茨城総合センター】 茨城県内にある常温二つ、低温二つの計四つのセンターを統合して建設した。ワンフロア約2万平方メートルで、常温エリアが1万3358平方メートル、冷蔵エリアが3125平方メートル、冷凍エリアが1767平方メートルと3温度帯に対応した構成。接車バースは常温が61基、冷凍などが大型10基、通常が26基ある。取り扱いカテゴリーは加工食品、酒類、チルド食品、冷凍食品、デリカ、冷菓、菓子など。茨城を中心に千葉、栃木、福島の各県をカバーする。

常温、冷蔵、冷凍まとめます!国分が「3温度帯化」の物流センター

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  8. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  9. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  10. 森トラスト、マリオットホテル最高級ブランドを誘致へ/東京・虎ノ門と銀座エリアで

アクセスランキングをもっと見る

page top