ミャンマー、無料葬儀サービスを運営する元人気俳優Kyaw Thu氏 画像 ミャンマー、無料葬儀サービスを運営する元人気俳優Kyaw Thu氏

海外進出

遺族の悲しみを和らげるため、築いたステイタスを活用

ミャンマーで最も人気のある俳優として知られていた男性が、無料で葬儀を行うサービスを行っている。Asia TimesがKyaw Thu氏の活動をレポートした。

Kyaw Thu氏は、過去100以上のローカル映画に出演し、大スターとして認められていた。2001年、Kyaw氏は、ある僧侶との出会いをきっかけに、人生の最後の儀式である葬儀に興味を持ち、多くの葬儀に出席した。そして、無料で葬儀を行う事業を始めたのだ。
ミャンマーでは、生から死まで、多くの苦難がある。私は遺族の悲しみを和らげる手助けをしたい。(Asia Timesより)

と語る。

宗教、貧富を問わず全ての人に 24時間対応の救急サービスも

Kyaw氏は、無料葬儀サービス協会を立ち上げ、15年間で15万件以上の葬儀を執り行っている。組織では110名のスタッフと500名以上のボランティアが活動する。近年は公共の寄付も受け、24時間対応の救急車サービスや診療所も運営する。

彼は、自分が築いたステイタスを大いに活用し、貧富を問わず人々の最後に立ち会う。
ほとんどのミャンマー人は私に会うことを喜んでくれる。私が葬式に訪問することで、遺族は悲しみを忘れ、幸せを感じることができる。(Asia Timesより)

活動が認知されるまでには市民からの抵抗もあったという。しかし、次第に認められるようになり、今年、彼はアジアのノーベル賞とも呼ばれているフィリピンのMagsaysay賞を受賞した。
私たちは敵や味方、宗教の違いを問わず、全ての人を助けていきたい。(Asia Timesより)


Kyaw氏は語っている。

(画像:Kyaw Thu/フェイスブックより)

無料葬儀サービスを運営する元人気俳優Kyaw Thu氏

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  3. ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

    ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

  4. 中国、「緑色食品」で残留農薬問題解決へ

  5. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  6. バンコクーヤンゴン間の陸上輸送を船便より安く――南海通運

  7. 健康食品の需要でシンガポールが日本を上回る!年間購入日は2万円以上に

  8. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  9. マレーシア、飲料水の自動販売に新規制

  10. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

アクセスランキングをもっと見る

page top