キャタピラー、後方超小旋回型ミニ油圧ショベル新モデル発売 画像 キャタピラー、後方超小旋回型ミニ油圧ショベル新モデル発売

インバウンド・地域活性

キャタピラージャパンは、道路工事、住宅基礎工事、上下水道工事などの現場で活躍する、後方超小旋回型ミニ油圧ショベル4機種を9月1日より発売する。

今回発売するのは、掘削・積込・吊作業等に優れた能力を発揮する後方超小旋回型ミニ油圧ショベルで、「Cat 303.5E2 CR(バケット容量0.11立方米、機械質量13.605トン/3.790トン)」、「Cat 304E2 CR(同0.13立方米、13.865トン/4.045トン)」、「Cat 305E2 CR(同0.16立方米、14.755トン/4.930トン)」、「Cat 305.5E2 CR(同0.16立方米、14.995トン/5.170トン)」の4機種。それぞれCat 303.5E CR、Cat 304E CR、Cat 305E CR、Cat 305.5E CRのモデルチェンジ機となる。

Cat 304E2 CR、Cat 305E2 CR、Cat 305.5E2 CRは、DOCおよびDPFを採用した電子制御エンジンの搭載により、オフロード法2014年基準に適合。同3機種には作業機と走行のエンジン回転数を自動制御するパワーオンデマンドの採用により、燃料料消費量を304E2 CR、305E2 CRは約12%、305.5E2 CRは約21%低減する。

また、強化型アームの標準装備や交換が容易なボルトオンカッティングエッジ付ブレードの標準装備など、作業性能を強化。さらに、操作方式をモニタ上で容易に切替可能な2wayコントロールパターンクイックチェンジャの標準装備やグリップ感を高めた新しいジョイスティックなど、操作性を高めている。

価格(販売標準仕様、税別)は、Cat 303.5E2 CRが530万8000円、Cat 304E2 CRが616万5000円、Cat 305E2 CRが650万9000円、Cat 305.5E2 CRが686万7000円。

キャタピラー、後方超小旋回型ミニ油圧ショベル4機種を発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

    中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  6. 戸越五丁目19番地区再開発/18年3月の都市計画決定を目指す

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  9. ■ニュース深掘り!■東京再開発に見る中小のビジネス機運

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top