ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事 画像 ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事

海外進出

資本金は400万米ドル
総合商社大手の伊藤忠商事は28日、ヤンゴン市において、いすゞ自動車製商用車の正規アフターサービス会社、「コンパスオート」(以下、新会社)を設立したと発表した。資本金は400万米ドル(約4億8000万円)、伊藤忠商事グループが100%出資する。

ミャンマーにおけるいすゞ車の普及に尽力
新会社は、ヤンゴン市ミンガラドン郡区に本社を置き、車両点検や修理、メンテナンスを一貫して行うサービスショップを新設した。ミャンマーにおいては、いすゞ車の販売をミャンマーの財閥であるUMGグループが行い、いすゞ車の点検、修理、メンテナンスは新会社が実施する。

同グループは1998年に設立され、同国において、自動車や建機販売のサービスをメインに、食品や通信など、幅広い事業を手がけている。いすゞ事業においても、同グループの幅広いネットワークと、伊藤忠商事の総合力や事業ノウハウ、両社が持つこれらの強みを活かせると判断し、新会社の設立に至った。

同社は、将来的には同グループとともにいすず車の販売、サービス事業の統合に力を入れ、いすゞブランドの構築・浸透を図ることで、ミャンマーの自動車産業の発展に貢献していく方針だ。

ヤンゴンでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立 伊藤忠商事

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

    トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  4. 越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

  5. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  6. 三栄建築設計、ホーチミン市のマンション開発に参画

  7. ベトナム第3の都市・ダナン市への海外進出視察、12月開催に向けて参加企業募集

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. 比ブトゥアン市・富山市らと覚書交換、低炭素まちづくり・地域開発で

  10. ダイハツ、新型商用トラックをインドネシアで展開。現地ニーズを捉えて

アクセスランキングをもっと見る

page top