ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事 画像 ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事

海外進出

資本金は400万米ドル
総合商社大手の伊藤忠商事は28日、ヤンゴン市において、いすゞ自動車製商用車の正規アフターサービス会社、「コンパスオート」(以下、新会社)を設立したと発表した。資本金は400万米ドル(約4億8000万円)、伊藤忠商事グループが100%出資する。

ミャンマーにおけるいすゞ車の普及に尽力
新会社は、ヤンゴン市ミンガラドン郡区に本社を置き、車両点検や修理、メンテナンスを一貫して行うサービスショップを新設した。ミャンマーにおいては、いすゞ車の販売をミャンマーの財閥であるUMGグループが行い、いすゞ車の点検、修理、メンテナンスは新会社が実施する。

同グループは1998年に設立され、同国において、自動車や建機販売のサービスをメインに、食品や通信など、幅広い事業を手がけている。いすゞ事業においても、同グループの幅広いネットワークと、伊藤忠商事の総合力や事業ノウハウ、両社が持つこれらの強みを活かせると判断し、新会社の設立に至った。

同社は、将来的には同グループとともにいすず車の販売、サービス事業の統合に力を入れ、いすゞブランドの構築・浸透を図ることで、ミャンマーの自動車産業の発展に貢献していく方針だ。

ヤンゴンでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立 伊藤忠商事

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. 【日本式介護の輸出:2】アジア進出の実績が人材を循環させる!

  6. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  7. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  10. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

アクセスランキングをもっと見る

page top