太陽光パネル出荷が急ブレーキ、堅調なはずの住宅やミドルソーラーが失速 画像 太陽光パネル出荷が急ブレーキ、堅調なはずの住宅やミドルソーラーが失速

インバウンド・地域活性

 太陽光発電協会がまとめた2015年4―6月期の太陽光パネルの出荷統計によると国内出荷量は前年同期比14%減の161万キロワットだった。四半期ベースの減少は2期連続。堅調と思われていた住宅用と中・小規模発電所(ミドルソーラー)向けの落ち込みが響いた。12年の固定価格買い取り制度開始後から始まった太陽光ブームに陰りがみえ、出荷は減少局面に入った。 前期(1―3月)比では40%減と失速した。4―6月期の住宅用は前年同期比17%減の41万キロワット。住宅用以外は同14%減の119万キロワットで、内訳をみると出力500キロワット未満の中・小規模発電所向けが同23%減と足を引っ張った。大規模太陽光発電所(メガソーラー)を含む出力500キロワット以上の発電事業向けは同3%減と安定していた。

太陽光パネルの出荷が急ブレーキ。堅調なはずの住宅、ミドルソーラーが失速

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  5. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  6. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 飯田橋駅を改良工事、ホームの隙間など安全対策

アクセスランキングをもっと見る

page top