ASEANへの植物工場輸出に向け、工場産「無農薬野菜」をシンガポールでテスト販売 画像 ASEANへの植物工場輸出に向け、工場産「無農薬野菜」をシンガポールでテスト販売

インバウンド・地域活性

 ムンバイとシンガポールに海外拠点を持つLA DITTA(ラ・ディッタ)は、木田屋商店が植物工場で生産する「無農薬野菜」をシンガポールで販売すると発表した。

 LA DITTAではこの度、EASTERN GREEN MARKETING PTE LTD、Cold Storageと連携。シンガポール国内に展開する小売店「Cold Storage」の18店舗で無農薬野菜を販売する。

 今回のシンガポールでの無農薬野菜販売は、完全閉鎖型の室内で農産物を生産できる植物工場を、ASEANへ輸出することを見据えたもの。日本製というブランドを持つ工場産無農薬野菜がシンガポールの消費者にどれだけ受け入れられるかを把握すると同時に、現地消費者への認知度アップを図るテストマーケティングとなる。

 同社ではこの結果を検証し、2016年度初頭に向けて植物工場をASEANへ輸出する目標だ。地理的環境や気候などの影響に左右されにくく、安定的な野菜生産が見込まれるだけに、植物工場とその生産物に対する将来性が期待される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  2. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

アクセスランキングをもっと見る

page top