ASEANへの植物工場輸出に向け、工場産「無農薬野菜」をシンガポールでテスト販売 画像 ASEANへの植物工場輸出に向け、工場産「無農薬野菜」をシンガポールでテスト販売

インバウンド・地域活性

 ムンバイとシンガポールに海外拠点を持つLA DITTA(ラ・ディッタ)は、木田屋商店が植物工場で生産する「無農薬野菜」をシンガポールで販売すると発表した。

 LA DITTAではこの度、EASTERN GREEN MARKETING PTE LTD、Cold Storageと連携。シンガポール国内に展開する小売店「Cold Storage」の18店舗で無農薬野菜を販売する。

 今回のシンガポールでの無農薬野菜販売は、完全閉鎖型の室内で農産物を生産できる植物工場を、ASEANへ輸出することを見据えたもの。日本製というブランドを持つ工場産無農薬野菜がシンガポールの消費者にどれだけ受け入れられるかを把握すると同時に、現地消費者への認知度アップを図るテストマーケティングとなる。

 同社ではこの結果を検証し、2016年度初頭に向けて植物工場をASEANへ輸出する目標だ。地理的環境や気候などの影響に左右されにくく、安定的な野菜生産が見込まれるだけに、植物工場とその生産物に対する将来性が期待される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  4. トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top