自動車国内生産の7月実績……乗用車・軽ともにマイナス 画像 自動車国内生産の7月実績……乗用車・軽ともにマイナス

マネジメント

日本自動車工業会が発表した2015年7月の自動車国内生産実績によると、四輪車生産台数は、前年同月比5.9%減の84万1812台となり、13か月連続のマイナスとなった。

車種別では乗用車が同6.5%減の70万7911台で13か月連続のマイナス。このうち、普通乗用車が同2.1%増の44万5444台でプラスだったが、小型乗用車は同11.1%減の14万2896台。軽乗用車は同25.5%減の11万9571台、3か月連続で2割を超すマイナスが続いている。

トラックは同1.7%減の12万1101台で、3か月連続のマイナス。このうち普通トラックは同2.0%増の5万7460台、小型トラックが同0.6%増の2万9334台、軽貨物車が同9.2%減の3万4307台だった。

バスは同9.0%減の1万2800台で5か月ぶりのマイナスとなった。

7月の国内販売は同7.6%減の42万5093台、輸出は同0.4%増の41万5735台だった。

自動車国内生産、軽乗用車は3か月連続で2割超のマイナス…7月実績

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

    外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  2. 佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

    佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

  3. 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

    中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

  4. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

アクセスランキングをもっと見る

page top