自動車国内生産の7月実績……乗用車・軽ともにマイナス 画像 自動車国内生産の7月実績……乗用車・軽ともにマイナス

マネジメント

日本自動車工業会が発表した2015年7月の自動車国内生産実績によると、四輪車生産台数は、前年同月比5.9%減の84万1812台となり、13か月連続のマイナスとなった。

車種別では乗用車が同6.5%減の70万7911台で13か月連続のマイナス。このうち、普通乗用車が同2.1%増の44万5444台でプラスだったが、小型乗用車は同11.1%減の14万2896台。軽乗用車は同25.5%減の11万9571台、3か月連続で2割を超すマイナスが続いている。

トラックは同1.7%減の12万1101台で、3か月連続のマイナス。このうち普通トラックは同2.0%増の5万7460台、小型トラックが同0.6%増の2万9334台、軽貨物車が同9.2%減の3万4307台だった。

バスは同9.0%減の1万2800台で5か月ぶりのマイナスとなった。

7月の国内販売は同7.6%減の42万5093台、輸出は同0.4%増の41万5735台だった。

自動車国内生産、軽乗用車は3か月連続で2割超のマイナス…7月実績

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

    見えてきたドコモのV字回復、増益支える鍵は?

  2. 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

    日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

    物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  4. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  5. 東京メトロ、日比谷線虎ノ門地区新駅で土木WTO入札公告

  6. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  7. 建設技能者繁閑「見える化」へ……国交省がプログラム開発事業を委託

  8. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  9. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  10. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

アクセスランキングをもっと見る

page top